本日11日「水星の太陽面通過」が発生! 人々の性格が激変・頭痛・体調不良も…水星逆行が終わる21日まで注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 11月11日、太陽の真ん前を水星が通過する――。1世紀中に13回しか見られない激レアな天体現象だ。また、11月1日から21日までは「水星逆行」の時期に。「逆行」とは、地球から天体を見たとき、惑星が天球上を東から西へ動いて見えることを指す。そして特に今回は、「水星の太陽面通過」と重なるため、水星のエネルギーが強くはたらくのではとスピリチュアル界では予想されている。

 古来から、水星の逆行は「人間関係、数字、商売に関して試練、誤解、ミスが生じやすく、スケジュールの遅れ、キャンセル、困難が顕著になる」とわれており、性格が暗く変化する場合や、頭が痛くなったり体調不良を訴える人も増えるそうだ。

 また、過去に始めた課題、プロジェクト、アイデアなどをやり直したり、再検討したりするには適した時期だという。いつもとは違う観点からものを見られるようになり、これまでにないやり方で物事が解決できるかもしれず、しばらく会っていない友人、家族、恋人に会うことも良いとのことだ。

 11月1日から21日は、こうした変化に気を付けていただきたいが、特に11月11日前後は水星のエネルギーが高まり、変化が強く出るかもしれないといわれている。では、「水星の太陽面通過」とは一体どのような現象なのだろうか?


■1世紀中に13回しか見られない「水星の太陽面通過」

 太陽系の中で最も太陽に近い惑星が水星だが、この11月11日、地球から見て水星が太陽の真ん前を通過する。この現象は1世紀中に約13回しか発生しないというレアな天体現象だ。

 この「水星の太陽面通過」は今世紀に入ってからは2003年、2006年、2016年に起こっている。今回は残念ながら日本の国土からは見ることはできないのだが、その次となる2032年の時には日本からも見ることができる。

「Daily Mail」の記事より

 

 太陽系の中で地球よりも太陽に近い軌道を回るのは水星と金星だけであるが、「金星の太陽面通過」こそきわめてまれな現象で、最近では2004年と2012年に起こっているものの、次に起きるのは2117年12月とはるか先のことだ。

 今の時代に生きる我々にはもはや「金星の太陽面通過」は望むべくもないだけに、この「水星の太陽面通過」はよりいっそう貴重に感じられてくる。

人気連載
あなたの恋愛依存度がバッチリわかる4択数字テスト! 引き寄せ力や対処法も… Love Me Doの当たるアドバイス!

あなたの恋愛依存度がバッチリわかる4択数字テスト! 引き寄せ力や対処法も… Love Me Doの当たるアドバイス!

■あなたの“恋愛依存度” 「以下の数字から、気になるもの...

人気連載
2020年を最高にするための「開運アクション」が判明! 筋トレ、断捨離、貯金…Love Me Doが解説!

2020年を最高にするための「開運アクション」が判明! 筋トレ、断捨離、貯金…Love Me Doが解説!

■2019年ラスト1ヵ月の過ごし方 「以下の選択肢から、...

コメント

3:匿名 2019年11月12日 21:24 | 返信

とわれており、→と言われており、
なんじゃね?

2:匿名 2019年11月11日 18:53 | 返信

滅多にしないミス(ミスというか手間が増える)を本日2回もしたのはこれか!?(笑)
自分で「何をやってんだ!しっかりせい!」と思ったよil||li (-_-;) il||li
まぁ、それは置いておいても、楽しそうな話であり頭の片隅に置いておこうかな。

1:匿名 2019年11月11日 17:39 | 返信

水星が太陽をかすっただけで、体調不良になるんですか?天体望遠鏡のない時代にどうやってその存在を昔の人は知り得たのでしょうか?日本にもNASAと同じような機関があるようにおもいますけど。そちらについての情報はないのでしょうか?ラブミードゥーと同じようなことを述べていておもしろかったです。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。