2019年は歴史的「UFOイヤー」だった! 地球来訪数が爆アゲ、米軍認定… 「信じる、信じない」を超えて完全に新時代突入!

 2019年の1年間はUFO関連の話題が豊作の“当たり年”であったことをいくつかのメディアが報じている。

■UFOに関して米政府当局の態度が鮮明になった1年

 ご存じのように、昨今、UFOに対する世間の認識が大きく変わってきている。UFOに関連する話題についてこれまでは、タブロイド紙の話題作りであるかのような興味本位の“うさんくさい”話というニュアンスもあったが、米海軍の戦闘機パイロットが撮影した“本物のUFO動画”の流出、その後の事実上の公認という動きもあり、UFOは今や単純に「信じる、信じない」の現象ではなくなっているのだ。

2019年は歴史的「UFOイヤー」だった! 地球来訪数が爆アゲ、米軍認定… 「信じる、信じない」を超えて完全に新時代突入!の画像1
「New York Post」の記事より

 そしてこの2019年は特にUFOの“当たり年”であったことを米紙「New York Post」などが伝えている。単にUFO目撃報告が多かったというよりも、2019年は人々のUFOに対する認識に大きな衝撃を与える出来事が立て続けに起きたことが特筆される。

 まずは5月にペンタゴン(米国防総省)が、“本物のUFO動画”を事実上公認したことが大きなニュースになった。2004年と2015年の米海軍の軍事演習中に空母ミニッツ艦載機のパイロットが、UFOを目撃しただけでなく映像に記録したことを受けて、このUFOに関する調査を早い段階で行ったことをペンタゴンは認めたのである。つまり米当局にも理解できない飛翔体がこの世に存在することが示されたのだ。

2019年は歴史的「UFOイヤー」だった! 地球来訪数が爆アゲ、米軍認定… 「信じる、信じない」を超えて完全に新時代突入!の画像2
「Daily Mail」の記事より

 ここには疑惑もある。11月にテクノロジー系メディア「Popular Mechanics」に掲載されたレポートでは、2004年のUFO目撃事件の後、2人の“不明な個人”が映像がその記録テープを持ち去り、海軍が所有するハードディスクの一部を消去したことが確認されていたのだ。つまりこの時点ではこれら機密情報を漏洩する動きもあったことになる。

 ペンタゴンから流出したとされる3本の“本物のUFO動画”を2017年末に最初に公開したのは、パンクバンド「ブリンク182」の元フロントマン、トム・デロング氏が創設した民間UFO研究機関「To the Stars Academy(TTSA)」のウェブサイトであったのだが、2019年9月にはなんとこのTTSAと米陸軍が共同研究体制を築いたことが公表されて話題を呼んだ。

2019年は歴史的「UFOイヤー」だった! 地球来訪数が爆アゲ、米軍認定… 「信じる、信じない」を超えて完全に新時代突入!の画像3
「Daily Mail」の記事より

 TTSAが保有しているUFOの残骸の一部とされる“エイリアン合金”の分析と再製造について、米陸軍が協力を申し出てパートナーシップが結ばれたのだ。このように2019年は、UFOに関する現象に対して米政府当局が態度をはっきりさせた1年でもあったのだ。

人気連載
ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ