マンネリセックスを打破する奇習! 東日本に実在した「妻が半月毎に入れ替わる」婚姻システムとは!?

【日本奇習紀行シリーズ 東日本】  

マンネリセックスを打破する奇習! 東日本に実在した「妻が半月毎に入れ替わる」婚姻システムとは!?の画像1
画像は「ゲッティイメージズ」より引用

 世の中というのは実に不思議なもので、誰かにとってはさほど価値を見出さないものであっても、別の誰かにとっては強い羨望の対象であることは少なくないようだ。

 

「人間、よその女房や旦那っていうのは、ちょっと良く感じちゃうもんなんじゃないかな。もっとも、それがなくたって、同じ相手とばかりじゃ、いくらなんでも飽きるというもんさね(苦笑)」

 

 かつて東日本のとある沿岸地域を中心に行われていたという、一風変わった風習についてそう語りはじめたのは、現在も当地で海産物の加工業を営んでいるという山岡雄三さん(仮名・81)。山岡さんの話によると、その昔、当地で暮らす夫婦たちは、代々続くローカルルールに基づく形で、奇妙なライフスタイルを送っていたのだという。

 

「昔、ここいらじゃね、それぞれの家の嫁さんがさ、各家を回りながら生活してたのよ。うん、ちゃんとした旦那がいるよ。いるんだけども、それに関係なくね、半月ごとにさ、家から家へと移っていくのよ」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ