ロックダウンによる自殺者、新型コロナによる死者の10倍に達する可能性! “絶望死”急増する…シドニー大学らが発表

画像は「getty images」より

 世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスだが、豪・シドニー大学のBrain and Mind Centerが行ったモデリングによると、ウイルスによる死亡者よりもロックダウンによる自殺者数の方が多くなるかもしれないという。地政学ニュース「Great Game India」(5月8日付)が報じている。

 同モデルは、「パンデミックの影響と経済活動の停止により、年間750人から1,500人の自殺者が最大5年間追加で発生する」と予測。特にロックダウンによる若者への影響が懸念されており、予想されている自殺者の30%は若者だという。

 同センターのイアン・ヒッキー氏は、年間の自殺率が50%まで上昇するかもしれないと述べている。オーストラリアの新型コロナウイルスによる死者数は現時点で98人であるから、それをはるかに上回る数だ。最終的に自殺者数は新型コロナウイルスによる死者数の10倍に達するという。自殺の原因はロックダウンによって引き起こされる心理的ストレスやうつ病、経済問題などだという。

画像は「getty images」より

 もちろん、こうした問題に直面するのはオーストラリアだけではない。米財団Well Being Trustと米家庭医学会が8日に発表した調査によると、今後10年で7万5千人の米国人が“絶望死”するという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ