レディー・ガガ、ついに自身がレプティリアンだと公言! 「シェイプシフトが好き…」司会者も戦慄の告白!

「私はいつでもシェイプシフトするのが好きです」――人気トーク番組でのレディー・ガガの発言が再燃している。自在に姿を変幻できるレプティリアンであることを自ら公言したということだろうか。

■ガガ「シェイプシフトするのが好き」

 人気歌手で女優でもあるご存じ、レディー・ガガが、かつて衝撃の発言を行っていた――。

 台湾在住の著名なUFO研究家、スコット・ウェアリング氏が自身が運営している超常現象系メディア「ET Data Base」に投稿した記事において、レディー・ガガの爆弾発言が収められた動画を紹介している。ガガは番組の中で「私はいつでもシェイプシフトするのが好きです」と発言したのだ。

レディー・ガガ、ついに自身がレプティリアンだと公言! 「シェイプシフトが好き…」司会者も戦慄の告白!の画像1
「ET Data Base」の記事より

「これが今まで見たことのないものです。レディー・ガガはレイトショーでインタビューに答えましたが、彼女は偶然“シェイプシフト”が好きであることを認めました」(ウェアリング氏)

 エイリアンやヒト型爬虫類であるレプティリアンは身を潜めて我々の社会に紛れ込んでいるともいわれているが、我々の多くがそれに気づかないのは、彼らは姿を変えられる“シェイプシフター”であるからだとよく説明されている。つまり、人前に出る際には人間に姿を変えているのだ。

レディー・ガガ、ついに自身がレプティリアンだと公言! 「シェイプシフトが好き…」司会者も戦慄の告白!の画像2
画像は「YouTube」より

「レディー・ガガもその(レプティリアンの)一人かもしれません。レプティリアンは、身体の周りに強力な技術的クローキング装置を備えており、普通の人間のように見えます。しかし、このマントは時々誤作動し、数秒間、彼らの本当の姿を露わにします。そして今回、レディー・ガガは誤って真実を世間に明かしました。彼女はシェイプシフトできるのです」(ウェアリング氏)

 ウェアリング氏によれば、レプティリアンは美しい女性に姿を変えることを好むという。それは人間の男たちが、美しい女性の前では愚かになることを知っているからであるということだ。それが確かに効果てきめんの手段であることは、世の男性の多くが認めるところだろう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ