亡妻の代わりに愛娘と近親相姦SEX…! 中部地方に実在した伝統的「代理妻システム」の実態とは!?

【日本奇習紀行シリーズ 中部地方】

亡妻の代わりに愛娘と近親相姦SEX…! 中部地方に実在した伝統的「代理妻システム」の実態とは!?の画像1
写真は「ゲッティイメージズ」より引用

 愛する伴侶との死別は、その寄り添いあった期間の長さに関わらず、多くの人々にとって、大変悲劇的なものである。しかしそうした“悲劇”は、時として“別の悲劇”を生んでしまうようだ。

 

「奇妙といえば奇妙だね。でも昔はそうする決まりになってたからしょうがないんだよ」

 

 かつて中部地方のとある地域で行われていたという奇妙な習慣についてそう語りはじめたのは、当地で生まれ育ち、代々続く田畑を今でも守り続けている品田周平さん(仮名・86)。品田さんの話によると、その昔、愛妻に先立たれた夫は、妻との間に愛娘がいた場合、妻の代わりとして添い遂げるというおかしな行為が定着していたのだという。

 

「あくまで娘がいたら、の話なんだけどね。女房に先立たれたら、娘を女房みたいにするというしきたりがあってね。だからそういう家の娘は、大人になってもよそへ嫁に行かずに父親に嫁いだ感じになっちゃうんだよ」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ