女の乳首にむしゃぶりついて母乳をテイスティングする男たち…! 半世紀前まで西日本に実在した伝統風習

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】

女の乳首にむしゃぶりついて母乳をテイスティングする男たち…! 半世紀前まで西日本に実在した伝統風習の画像1
写真は「ゲッティイメージズ」から引用

 母乳の出にくい母親や、高貴な身分の女性に代わり、自らの母乳を赤ん坊に与え、その面倒を見ることもある「乳母」。日本の歴史においては、江戸幕府の三代将軍・家光の乳母であった春日局など、彼女たちの担った役割と、それゆえの厚遇はかなりのものであったとされるが、日本の一部地域においては、この「乳母」への対応をめぐり、なんとも奇妙な行為が行われていたという。

 

「今じゃ乳母自体、ほとんどいなくなっちまったからね。そういうこともやらなくなったよ」

 

 かつて西日本のとある地域で行われていたという、「乳母」選びの際の奇妙な習慣についてそう語りはじめたのは、今もなお代々続く老舗の漆器店を営んでいる斎藤寿満さん(仮名・81)。斎藤さんの話によると、その昔、当地では赤ん坊の「乳母」を決める際に、赤ん坊の父親が、「乳母候補」の女性の母乳を“味くらべ”して選ぶという行為が、当たり前のこととして行われていたという。

 

「乳母ってのは大抵、親類とか近所に住んでる女のなかから、乳の出がいいのを選ぶんだけどね、そのときに赤ん坊の父親がさ、実際に乳房にむしゃぶりついて、調べるわけ。それで一番良い女を我が子の乳母にするっていう話だわな」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ