JRA天皇賞・秋(G1)の“タブー級”極秘情報が流出! 知った者はウハウハ… 業界を揺るがす事態、プロがついに暴露!

JRA天皇賞・秋(G1)のタブー級極秘情報が流出! 知った者はウハウハ… 業界を揺るがす事態、プロがついに暴露!の画像1
クロノジェネシスが出走する天皇賞(秋)に波乱の情報?

 秋華賞でデアリングタクトが無敗の牝馬三冠を達成し、先週の菊花賞でもコントレイルが無敗の3歳クラシック三冠を成し遂げた。この2頭の偉業に日本中が沸きに沸いたが、まだまだ競馬のドラマは続いていく。今週日曜日に行われる天皇賞(秋)は、史上初のJRA芝G1レース8勝を目指すアーモンドアイが出走する。

 JRAでこれまでG1レース7勝を成し遂げたのは、アーモンドアイ以外にシンボリルドルフ、テイエムオペラオー、キタサンブラック、ディープインパクト、ジェンティルドンナ、ウオッカ、といった押しも押されもせぬ名馬ばかり。それらの馬を超える記録達成となるか、歴史的一戦が目前に迫ったのである。

 主人公であるアーモンドアイに対し、その偉業を阻もうと立ちはだかるライバルもかなりの豪華メンバーが揃った。まずは今年春の宝塚記念(G1)で2着に1秒もの差をつけたクロノジェネシス。東京コースで重賞勝利の実績もあり、充実一途の今、まさに対抗一番手と言える存在だ。そして2017年菊花賞以来の勝利を目指すキセキ。この3年の間に4度のG1レース2着があり、武豊騎手を背にシルバーコレクターの座はそろそろ返上したいところ。昨年2着のダノンプレミアムは鞍上が川田将雅騎手、ベストの2000mで巻き返しが期待できる。また、同馬主のダノンキングリーも相性のいい戸崎圭太騎手とのコンビ、日本ダービー2着の実績が黙ってはいない。有馬記念馬ブラストワンピースは、札幌記念や新潟記念など芝2000mの重賞を2勝。久々に池添謙一騎手とのコンビ復活で本人も気合が入ろう。菊花賞、春の天皇賞2勝の実績を持つフィエールマンは、ここを勝てば天皇賞春秋連覇となる。鞍上に三冠ジョッキー福永祐一騎手を迎えたとなれば、その勢いには逆らえまい。さらに、香港国際カップとクイーンエリザベス2世カップという香港G1を2勝しているウインブライトは、国内でのG1勝利はないものの、怪我から復帰した松岡正海騎手も含めて注目の存在だ。今週の天皇賞(秋)は、まさに秋の古馬最強を決定する注目の一戦。アーモンドアイだけでなく、どの馬からも目が離せない。

 また、ここまで秋のG1レースを見てみると、一番人気の勝利はあるものの2着3着に人気薄馬が絡む傾向にあり、秋華賞やスプリンターズステークスはともに万馬券が飛び出している。そういった流れで見てみると、今週の天皇賞でアーモンドアイに絶大な安心感があるかといえば、そうとは言えまい。コントレイルやデアリングタクトのように無敗を継続しているわけではないし、暮れの有馬記念は大敗、春の安田記念でも完敗の2着と、以前ほどの勢いを感じないという事実がある。そして、今回の天皇賞はご覧の通りの豪華メンバー。アッと驚く波乱の結果となってもおかしくはないのだ。もし、そんな結果となれば、信じられないような馬券が飛び出すかもしれない。そういった意味でも、この天皇賞は万馬券を的中させて一獲千金を狙いたい競馬ファンにとって最適なレースといえよう。

 加えて言うなら、先週の菊花賞を目の当たりにし、今週の天皇賞で馬券を買ってみたいと感じた初心者にとっても最適なレース。なぜならこの天皇賞で、万馬券発生の鍵を握る“激走穴馬”の情報を、万馬券的中のプロフェッショナル集団である「暴露王」が独占的に把握し、その情報を無料で公開するスペシャルイベントを実施するからだ。

 暴露王といえば年間300本の万馬券的中を公約とし、昨年は350本、今年も10月26日時点ですでに302本的中しており、その実績・信頼度は業界でも群を抜いている。全国の競馬マスコミや競馬サイトを見ても、これほどの万馬券的中実績を持つものは存在しない。文字通り、万馬券的中のプロフェッショナル券集団なのである。

JRA天皇賞・秋(G1)のタブー級極秘情報が流出! 知った者はウハウハ… 業界を揺るがす事態、プロがついに暴露!の画像2
100万馬券を的中させるプロ集団が存在(※画像は会員様に提供した情報の一部です)

 彼らは今年6月に3連単119万7680円という夢の100万馬券を的中させ、さらに10月に入っても10日に3連単12万6840円的中、そして先週も3連単11万7400円という10万馬券を筆頭に、合計8本もの万馬券を的中させている。これほど圧倒的な実力を持つ暴露王が無料で公開する【天皇賞の買い目&穴馬情報】は、絶大な価値があると断言できる。

 そもそも暴露王は、全国のスポーツ紙や競馬専門紙の中でも特に実績と人脈に優れ、自他ともに認める超凄腕の競馬記者達と独占提携し、様々な内部情報を入手することができる特別な存在。彼らが入手した内部情報は所属する新聞ではなく、暴露王を通じて競馬ファンに提供される仕組みになっている。なぜ、わざわざそういったことをするのか? 担当者に尋ねると意外な回答が。

「記者が入手したトップレベルの極秘情報を新聞に掲載しようとしても、内容がヤバすぎて掲載できないことも多いですし、上からストップがかかることもあります。そうなると、本当の情報をファンに届けることができない。だから、しがらみもなく、誰にも迷惑をかけずファンに届ける場所が必要になります。それが暴露王なのです」

 なるほど。新聞社は公的な報道機関であるがゆえに、掲載できる内容に制限があるというのは納得できる。そして、暴露王が現場とファンを繋ぐ架け橋になっていることもご理解いただけるだろう。そんな暴露王が今週の天皇賞で入手した情報とは、実に興味深い。その情報の一端を伺うことができたので、心して読んでいただきたい。

「暴露王は人気に左右されない万馬券専門サイトなので、単勝が100倍を超えるような馬でも“情報”があれば、ためらうことなく重い印を打って勝負します。その結果、今年も100万馬券や数多くの10万馬券を的中。そして公約通り300本の万馬券的中をクリアしました。

JRA天皇賞・秋(G1)のタブー級極秘情報が流出! 知った者はウハウハ… 業界を揺るがす事態、プロがついに暴露!の画像3
10月に入っても絶好調の暴露王(※画像は会員様に提供した情報の一部です)

 今年の天皇賞はアーモンドアイこそ実績的に抜けている格好ですが、他はどの面子も横並びで、実は情報的には大きな差はありません。たしかに宝塚記念のクロノジェネシスは強かったですが、今回は条件も相手も違いますし、状態や適性も前走とはまったく違う状況です。それは他の有力馬にもいえる状態ですし、さらにアーモンドアイも安田記念、そして昨年の有馬記念では圧倒的人気を背負って敗退しているように、絶対的な強者ではないのです。しかも今年は、誰もがアッと驚く情報を掴んでいるため、万馬券の発生はもちろん、的中に向けて絶大な自信を持っています。

 そこで、この情報をぜひ多くのファンに届けたいと思い、まだ暴露王の情報を体験したことがない読者の皆様に限り無料公開することを決断しました。この機会に是非、暴露王の情報力と価値を知っていただき、今まで知ることのなかった競馬の新たな世界を覗いてみてください」

 これほどの意気込みを知ったからには、もはや暴露王の情報を知らずに馬券を購入することなどできない。そして、彼らがいう“今まで知ることのなかった競馬の新たな世界”とは何か、ぜひその目で確認していただきたい。11月からは7週連続G1レースの大一番も待っている。そこでさらに勝ち抜くためにも、暴露王からは決して目が離せないと断言できる。

CLICK → 【無料公開! 天皇賞(秋)勝負買い目と極穴馬2頭】暴露王

※=本稿はPR記事です。

JRA天皇賞・秋(G1)の“タブー級”極秘情報が流出! 知った者はウハウハ… 業界を揺るがす事態、プロがついに暴露!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで