ロズウェル事件には第二章があった!? 米政府とエイリアンの超極秘“人的交流”プログラム「プロジェクト・セルポ」とは?

 史上最大のUFO事件、「ロズウェル事件」に第二章があった!? トップシークレットのエイリアン交流計画「プロジェクト・セルポ」とは――。

■エイリアンとの極秘の人的交流プログラム“プロジェクト・セルポ”とは

 UFOコミュニティの中でもその真偽や定説が定まらないUFO事件がある。その中でも何かと引き合いに出されるのが「ロズウェル事件」から派生したという政府の極秘計画「プロジェクト・セルポ」だ。

 プロジェクト・セルポについてはかつてトカナでも紹介しているが、この機会にもう一度おさらいしてみよう。

ロズウェル事件には第二章があった!? 米政府とエイリアンの超極秘人的交流プログラム「プロジェクト・セルポ」とは?の画像1
「Mysterious Universe」の記事より

 その発端は1947年にニューメキシコ州で“空飛ぶ円盤”が墜落したことから始める「ロズウェル事件」である。残骸の中から4体の死んだエイリアンと1体の生きたエイリアンが発見され、「地球外生物学的存在」の略称である「イーブ(EBE、Extraterrestrial Biological Entity)」と定義され、生きたエイリアンはイーブ1号と名づけられた。

 イーブ1号は友好的で落ち着きのある知的な存在で、短時間で英語を習得して人間とのコミュニケーションを図った。身の安全と引き換えに人間側(アメリカ政府)にエイリアンの先進技術を提供するとともに、墜落したUFOの通信機器を使って母星との通信を回復しようと努めた。イーブたちの故郷の惑星はレチクル座ゼータ星系にある「セルポ」と呼ばれる星で、地球からは約39光年離れているという。

 残念ながらこのイーブ1号は事故の後遺症もあり、母星との通信が回復しないまま1952年に亡くなったという。

 イーブ1号の仕事を米軍が引き継ぎ、これが首尾よく進みセルポとの通信が成功。最終的に米軍はセルポの「エベンス(Ebens)」と呼ばれるエイリアンと接触した。ケネディ大統領自身が陣頭指揮を執り、人的交流プログラムを実施するためにこのエベンスを地球に招待したという。このセルポとの人的交流プログラムが「プロジェクト・セルポ」である。

 計画の目的は米軍側の厳選された12名が、セルポの宇宙船に乗って惑星セルポに連れて行かれ、彼らの社会に住み、彼らの文明を学び、新しい知識と技術を習得することにあった。

 1965年、エイリアンは約束どおりに巨大な宇宙船でネバダ州の極秘施設へやって来た。そこで米軍側の12名(男性10人、女性2人)を乗せて彼らの惑星へと旅立った。

 セルポへの旅は高度な「反重力技術」を用いて光速の40倍の速度で飛行し10カ月を要したという。その間、チームメンバーの2人は過酷な旅の道中で亡くなったという。地球人の人体にとって反重力技術での飛行や宇宙放射線はなかなか耐え難いものであったのだろう。

 ようやくセルポに到着した彼らはセルポの生命体やエイリアンの技術をリバースエンジニアリングで再現する方法を学び、この宇宙のすべての歴史を収録しホログラフィックで再現する「イエローブック」と呼ばれる機器を譲渡されたという。こうして彼らは10年以上、セルポで“留学生”として暮らしたのである。

 一定の成果を得た後、彼らのうちの8人はセルポの宇宙船で1978年に地球に帰還した。2人はセルポに残ることを選んだという。そして8人は学んだセルポの先進技術を米軍に供与したのである。一説ではこの時にもたらされた技術によって「TR-3B」などの米軍の極秘の航空機が製作させたともいわれている。

ロズウェル事件には第二章があった!? 米政府とエイリアンの超極秘“人的交流”プログラム「プロジェクト・セルポ」とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで