• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
michi_01.jpg
未知との遭遇 ファイナル・カット版』(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)

 現在上映中の『ジュラシック・ワールド/炎の王国』で製作総指揮を務め、再び脚光を浴びている映画監督スティーヴン・スピルバーグ氏だが、いちはやくハリウッドで本格的なUFO映画を制作した監督としても有名だ。もちろん1977年のSF映画『未知との遭遇』のことを指すが、ここにきてこの作品に関連する興味深い話題がいくつか持ち上がっているようだ。


■「この映画はUFOを受け入れるために必要なトレーニングの一部」

 ハリウッドで初めて本格的にUFOを題材としたSF超大作がこの『未知との遭遇』(Close Encounters of the Third Kind)といわれている。後の『E.T.』の爆発的ヒットの布石にもなった本作は、UFOファンの間でさまざまなウワサや臆測、そして“陰謀論”が語られている。

 UFO研究家でジャーナリストのロビー・グラハム氏によれば、映画の公開当初からUFOコミュニティの間では『未知との遭遇』は政府による国民への順化プログラムのひとつであることが指摘されていたという。つまり将来、国民が本物のUFOとエイリアンを目の当たりにしてもショックを受けないように、こうしたSF映画を通じて徐々に国民をUFOとエイリアンに慣れさせているというのである。

closeencounters1.JPG
Mysterious Universe」の記事より

 これを裏付ける話として、撮影中の1976年7月23日、出演者のリチャード・ドレイファスとメリンダ・ディロン、ボブ・バラバンを含む撮影スタッフ40人が夜になって招集され、アラバマ州モービル某所で、本作のUFOアドバイザーであった天文学者のJ・アレン・ハイネック教授のレクチャーを聞かされていたということだ。

 このレクチャーの内容がどんなものであったのかはわからないのだが、その後ボブ・バラバンは制作日記の中で、「この映画は人類が実際のUFOの飛来を受け入れるために必要なトレーニングの一部であり、秘密裏に政府のUFO担当部署がスポンサーになっている」と書き残しているのだ。

 プロダクション・デザイナーのジョー・アルヴス氏も2014年のインタビューで制作中には「とても多くのウワサが飛び交っていた」と当時を振り返っている。

コメント

3:匿名2018年8月26日 07:04 | 返信

あれから40年近く経つのに「準備」のままかよw

実際は逆で「プロジェクト・セルポ」の方が「未知との遭遇」の元ネタにしたんじゃ?
セルポも結局音声テープも写真も公開されず思わせぶりのまま

2:匿名2018年7月19日 20:39 | 返信

映画が公開された後、そういう話題があったねえ。
今頃そんなことを記事にして。
しんじ、もしかして話題になったこと知らなかった?
年齢知らないけどお前、意外と若いの?

1:芹澤のCM(UFO討論) w w w2018年7月19日 16:35 | 返信

スピルバーグ監督にこういった映画をつくるように要求したらしいが、何ていうかなぁ..何かの問題事を分からなくさせる政策なのか。例えば、政治に無関心にさせて白痴、愚民化政策の1つだったんでは。と考えていたよ。

スピルバーグとかJJ監督が瓜二つなのも恐いものがあるが、異星人政策が現実なものになるのはいつの事になるんだろうか。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。