現役タイ国王の「ハレンチSEXビデオ」流出の恐れ? 若者らが立ち上がり軍事独裁政権を切り崩す!?

関連キーワード:

,

,

,

 タイの社会改革を求める声は日増しに強まっている。風物詩とも揶揄されてきた過去の政争とは色が違う。多くの若者が恐れず名前や顔を出して、本気で王国の根幹を揺るがすような運動を起こしており、あるタイ人の若者は、その主張を十数カ国後に翻訳した文書をSNSで拡散している。その中には、タイでは最長で禁固15年の違法行為になる王室批判を実名で書いているものもある。ついにはネット上で「ワチラロンコン国王の性的な行為を録画したものを持っている」という強烈な話まで出てきた。

「私はこの活動のために命を捧げる覚悟で、留学先の大学院を退学しました。王はその立場にふさわしくない不道徳な行為をしており、その証拠となる映像を入手しています。ワチラロンコン国王の性的な行為、これはプライベートな行為というもので済まされるものではない。若い女性の人権を傷つけるもので、これを見れば世界中の人がこの愚行を責めることになるでしょう」

現役タイ国王の「ハレンチSEXビデオ」流出の恐れ? 若者らが立ち上がり軍事独裁政権を切り崩す!?の画像1
「動画を持ってる」と宣言した人。動画よりキャプチャ

 SNSで一時公開された動画でこう述べたのはタイ人男性だが、名前をトンヨッと名乗った以外、居場所も明かしていない。基本はタイ語で述べたものだが、英語で「私は王室関係者から命を狙われている身で現在、隠れて生きているが時期を見てタイに戻り、人々の前で同じ話をするつもり」と述べた。

 国民のカリスマだったプミポン前国王の死去で、2016年に即位したワチラロンコン国王。それ以前から、結婚、離婚を繰り返し、愛人多数の派手な女性関係が伝えられてきた人物で、元ストリッパーの妻を、愛犬の誕生パーティーで裸で躍らせたこともある。全身に刺青を入れ、タンクトップに短パンで出歩く奔放な振る舞いや、大半をドイツの別荘で過ごしつつ、それを支えるタイ政権の権力基盤を強化し、王室の財源を増やすなどの国の私物化を進めてきたことに国民の怒りが爆発している。

 きっかけは今年3月、ドイツ紙がワチラロンコン国王の愛人20人を伴う超高級ホテルでの豪遊を報じるや、新型コロナウイルスで苦境に晒されるタイ国民が各地で大規模なデモを乱発した。特にこれを扇動しているのが“ジェネレーションZ”と呼ばれる若者だった。

現役タイ国王の「ハレンチSEXビデオ」流出の恐れ? 若者らが立ち上がり軍事独裁政権を切り崩す!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで