不死身のプーチン大統領、辞任後も「プーチン」が就任か? 100年前からプーチンが存在する「不滅説」の証明へ!

【速報】プーチン大統領がパーキンソン病を発症、来年1月に辞任発表へ! 著名博士がリーク、英紙報道!の画像1
画像は「The Sun」より

 昨日トカナが日本でどの媒体よりもはやく速報で報じたように、英紙「The Sun」の独占スクープによると、プーチン氏が来年早々に大統領を辞任する見込みだということが報じられた。今年7月の改憲投票で2036年まで大統領を継続することが可能になったプーチン氏、ゆくゆくは終身大統領として、その命が尽きるまで大統領職にあると考えられてきたが、一体なにが起こったのか?

 元モスクワ国立国際関係大学教授のワレリー・ソロヴェイ博士が「The Sun」に語ったところによると、プーチン氏がパーキンソン病の徴候を見せていることは、オリンピック金メダリストの元体操選手であるプーチン氏の愛人アリーナ・カバエワや娘のマリアやカテリーナも承知しており、大統領を辞任するよう説得しているというのだ。

 教授によると、来年1月の権力移行を見据えて、近いうちにプーチン氏は後継者となる人物を新首相に任命するとのことだ。実際に辞任に向けた動きはすでにあり、2日付の「The Sun」は、プーチン氏は終身大統領ではなく、終身議員になるための新法案の可決を急いでいると報じている。

 SNSでは早くも「プーチンは不死身であるはずなのにおかしい」「プーチンは復活するに違いない」という声が世界各国で上がっているが、これについて、プーチン研究家はこう語る。

immortal_4.jpgプーチンの影武者の証拠画像。「LiveJournal」より引用


「確かにこれは非常に奇妙なニュースです。なぜなら、プーチン氏が辞任するなど絶対にありえない事態だからです。広く知られているように、プーチンは慎重な男ですから、複数の影武者を抱えています。その数は100を超え、すでに本物が一体どのプーチンなのか、家族やクレムリンでも真実を知る者はいないといわれています。よって、本物のプーチンが健康不安を抱えているかどうかなど、誰にも知る由がないのです。

 しかも、本物のプーチンはすでに100歳をゆうに超えており、明らかに普通の人間とは異なる超人的器官をもっていることが証拠写真によって明らかになっています」

不死身のプーチン大統領、辞任後も「プーチン」が就任か? 100年前からプーチンが存在する「不滅説」の証明へ!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで