【緊急】大統領選前後にUFO出現の可能性大! 中継はUFOだけを追え…トランプと宇宙人の“惑星間癒着”の実態!

エイリアンはトランプを事前に表敬訪問していた!? ヒラリー以上の「UFO情報」をもつ3つの根拠と、惑星間癒着の実態!の画像1画像は「YouTube」より引用

 

 日本時間3日夜からいよいよ次のアメリカ大統領を決める投票が始まる。共和党の現職ドナルド・トランプ大統領と民主党のジョー・バイデン氏の両陣営の対立は激化しており、首都ワシントンなどでは選挙後の混乱に備えてビルや商店のガラス窓に板を打ち付ける作業も進められているといい、異例の緊張感がアメリカを包んでいる。

 ところでアメリカの陰謀論者やオカルト愛好家たちの間では、前回の大統領選でトランプが勝利した際にUFOが表敬訪問のために訪れていたことが指摘されている。では、トランプと“UFO”や“エイリアン”の関係とは何なのか。大統領選で多数の中継映像が流れることになると思うが、我々は投票結果よりもまず、最重要事項である「UFO」を映像の中から見つけ出さねばならない!


<天使?UFO? トランプ当選翌日、ホワイトハウス近郊に“謎の火の玉”が出現! 次期大統領を宇宙人が懸念か!?>


■1、トランプが搭乗するヘリがUFOに追跡されていた

 先月、漏洩情報公開サイト「ウィキリークス」が、ヒラリー陣営でアドバイザーを務めていたジョン・ポデスタ氏(67)と、エドガー・ミッチェル元宇宙飛行士などとの間で取り交わされた「UFOメール」を公開した。ヒラリー陣営とUFOとの関係が決定的になった事件だったが、トランプも明日は我が身と恐怖に慄いていたかもしれない。

エイリアンはトランプを事前に表敬訪問していた!? ヒラリー以上の「UFO情報」をもつ3つの根拠と、惑星間癒着の実態!の画像2画像は「Huffington Post」より引用

 米「Huffington Post」紙(2015年8月31日付)によると、なんと、トランプが搭乗していたヘリがUFOに追跡されていたというのだ。問題の写真は2015年8月アイオワ州で、通行人が偶然撮影。その後、米国カリフォルニア州に本部を置くUFO研究機関「Mutual UFO Network(MUFON)」に画像が投稿されると、トランプとエイリアンとの知られざる関係に、UFOコミュニティに衝撃が走っていたという。この時UFOとトランプとの間に何があったかは分かっていないが、一部では地球外生命体が次期大統領候補との面会を求めてきたとの噂が囁かれているそうだ。

【緊急】大統領選前後にUFO出現の可能性大! 中継はUFOだけを追え…トランプと宇宙人の“惑星間癒着”の実態!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで