天使?UFO? トランプ当選翌日、ホワイトハウス近郊に“謎の火の玉”が出現! 次期大統領を宇宙人が懸念か!?

天使?UFO? トランプ当選翌日、ホワイトハウス近郊に謎の火の玉が出現! 次期大統領を宇宙人が懸念か!?の画像1画像は「CNN」より引用

 アメリカ大統領選は8日、全米各州で投票、即日開票され、共和党候補ドナルド・トランプ氏が次期大統領の座を手にした。米国民のみならず、世界中が固唾を飲んで見守った大統領選であったが、実はエイリアンまでもがアメリカの行く末を気にしていたようだ。なんと、大統領選翌日の9日、首都ワシントンD.C.にUFOが飛来していたというのだ。一部では天使とも噂される謎の飛行物体に、UFOコミュニティに衝撃が走っている。


■トランプ次期大統領に宇宙人も懸念

 YouTubeのUFOニュースチャンネル「Gagare1952」によると、問題のUFOは9日午後、ワシントンD.C.上空に出現。同日中に、上空に浮かび上がる天使をとらえた決定的瞬間としてYouTubeに動画を投稿した。しかし、ネット上ではUFO説や、地球に壊滅的被害を与えるといわれている惑星ニビル説を支持する声も大きいようだ。

 ともかく問題の映像をご覧頂こう。

動画は「YouTube」より引用

 上空にオレンジ色に輝く物体がはっきりと確認できる。先端がやや他の部分よりも明るい。映像の右斜め下に向かって飛行しているのだろうか? 飛行機雲のような印象も受けるが、一体この物体は何なのだろうか?

 世界的に有名なUFO研究家スコット・ウェアリング氏は、飛行機雲とは考えていないようだ。専門家の目にはどのように映ったのだろうか。

「やや傾いて飛行しているため、半円状の機体の上部を見ることが出来ます。通常、このような未確認飛行物体がワシントン上空に出現した場合、F16戦闘機が必ず出動するはずです。そういったニュースが報じられていないということは、このUFOはレーダーで捉えられていなかったということでしょう」(ウェアリング氏)

天使?UFO? トランプ当選翌日、ホワイトハウス近郊に謎の火の玉が出現! 次期大統領を宇宙人が懸念か!?の画像2画像は「YouTube」より引用

 このように、ウェアリング氏は問題の物体が管制レーダーに捉えられていなかった可能性を指摘。UFOであるとほぼ確信しているようだ。さらに、宇宙人がオバマ大統領を観察しに来ていたという驚きの持論を展開している。

「私が見たところ、このUFOはトランプ次期大統領当選のニュースを受け取るオバマ大統領の様子を観察しに来たのでしょう。果たして、トランプは今回出現したUFO情報を開示するのでしょうか、それとも隠蔽するのでしょうか?」(ウェアリング氏)

 確かに、これまで米大統領と宇宙人の関係は何度も取り沙汰されてきた。これから大転換を遂げることが予想されるアメリカの行く末を彼らが心配している可能性もあるだろう。それに加え、先日トカナでご紹介したように、2015年にはトランプが搭乗していたヘリをUFOが追跡、宇宙人がトランプを事前に表敬訪問していたとされる証拠まであがっている。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ