「前澤友作に成りすまし詐欺」が海外展開!「お金配り」の詐欺犯罪が止まらない!

関連キーワード:

,

 インターネット衣料品通販大手ZOZOの創業者、前澤友作氏の「お金配り」を模した偽アカウントによる詐欺犯罪が止まらない。フェイスブックやツイッターなどで前澤氏を騙り、「お金をプレゼントします」と応募者を募って、ニセの登録サイトに誘導。当選金の支払いに必要だとしてクレジットカード番号を登録させる手口だ。一部でカードの不正利用から50万円を失ったとする被害報告もネット上で見受けられた。

 厄介なのは、これを英語や中国語など日本語以外に翻訳して登録を呼びかけたり、外国人が「日本人じゃなくても登録したら1万USドルもらえた」などと当選者を騙り、世界的に前澤氏のなりすましを拡大させていることだ。

「前澤友作に成りすまし詐欺」が海外展開!「お金配り」の詐欺犯罪が止まらない!の画像1

 そもそも偽アカウントには外国人による犯罪と思われるものも多い。フェイスブックで前澤氏の写真を盗用し、「Yusuka Maezzawa」と微妙にスペルの違う名を名乗ったアカウントは先日、「すべての幸運な人々のために、私はランダムに500人の勝者を選び、50,000ドルの賞金を受け取ります! そして、友達を追加した人たちにおめでとうと、今日はプレゼントを持ってくることができます」と不自然な日本語で登録を呼びかけていた。書かれたURLをクリックすると、これまた怪しい富士山を背景にした前澤氏の写真が飾られた「Yusaku Maezawa Presents」なるサイトが表示され、「いま登録すれば、お金が当選します」とのバナーをクリックすると、「おめでとう! あなたは前澤が選んだ今日の勝者です!」と、いきなりの当選通知。

「前澤友作に成りすまし詐欺」が海外展開!「お金配り」の詐欺犯罪が止まらない!の画像2

 応募では当選額が5万ドルだったのに、倍の「10000万円を受け取る権利があります」と表示され、「このメッセージが適用されます5分で有効期間終了時は以下のようになります:勝者としてキャンセル」と、5分間のカウントダウンが数字で始まっての催促がある。

 ここから「確認のために必要なクレジットカード“費用をかけずに”」と書かれた先に進むと、VISAやMASTERCARDなどの使えるカード登録サイトに移動させられるが、これら文言を翻訳して誘導する動きもあるから、日本語の分からない人々は、その怪しさを見極められないまま被害者となることが十分ある。

「前澤友作に成りすまし詐欺」が海外展開!「お金配り」の詐欺犯罪が止まらない!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル