【緊急】JRAジャパンC(G1)アーモンドアイに不安情報!? 競馬史に残るレースで“超高額配当”か、ヤバすぎる関係者情報を特別公開

【緊急】JRAジャパンC(G1)アーモンドアイに不安情報!? 競馬史に残るレースで超高額配当か、ヤバすぎる関係者情報を特別公開の画像1
豪華メンバーが揃ったジャパンカップに意外な穴馬が

■前代未聞の盛り上がりを見せる一戦

 今週行われる競馬のジャパンカップが異様な盛り上がりを見せている。日本競馬史上に残る3頭の競演ということもあり、ファンやマスコミの注目度もかなりのもの。そこに芸能人や著名人、有名スポーツ選手の予想合戦まで加わり、連日話題が尽きることがない。先週行われたマイルチャンピオンシップ(G1)が固くおさまったこともあり、今週のジャパンカップも3強ムード一色だが、本当にそれでいいのだろうか?

 確かに今年出走する3強は圧倒的な実力馬だ。JRA初の芝G1レース8勝を達成したアーモンドアイ、JRA史上3頭目となる無敗のクラシック三冠馬コントレイル、JRA初無敗の牝馬三冠馬デアリングタクト。二度と見られない豪華メンバーが顔を揃え、しかもアーモンドアイはここが引退レースということもあり、マスコミがこの3頭で騒ぎたくなる理由はわかる。しかし、冷静に考えてみると、マスコミの報道に踊らされ過ぎではないかと思わざるを得ない。なぜなら、3頭それぞれに「?」の疑問符が付くからだ。

 まず、アーモンドアイは昨年の天皇賞(秋)が1分56秒2の勝ち時計で2着に0.5秒差だが、今年の天皇賞(秋)は1分57秒8で2着に0.1秒差と縮まっている。牝馬は歳を重ねるごとに衰えが早まり、5歳のアーモンドアイがピークを越えたという意見もあながち的外れではないだろう。そしてコントレイルは、同年代のライバルである3歳ナンバー2のサリオスが、先週のマイルチャンピオンシップで2番人気ながら5着に敗退。この世代のレベルに疑問符が付いた。さらに、デアリングタクトが戦ってきたのは牝馬ばかりであり、牡馬との戦いはデビュー戦のみ。今回は初めて古馬と牡馬の強豪が相手となり不安が残る。しかも、同年代の3歳牝馬は先々週のエリザベス女王杯で古馬相手に完敗を喫しているのだ。

【緊急】JRAジャパンC(G1)アーモンドアイに不安情報!? 競馬史に残るレースで超高額配当か、ヤバすぎる関係者情報を特別公開の画像2
無敗のクラシック三冠を達成したコントレイル

 以上のようなマイナス要因も見られるわけで、マスコミが騒ぐようにジャパンカップは“3強で絶対”という状況ではないだろう。実際に出走予定馬を見てみると、2頭の菊花賞馬ワールドプレミアとキセキ、G1馬マカヒキとグローリーヴェイズ、昨年のジャパンカップ2着カレンブーケドール、今年重賞を勝利しているミッキースワロー、パフォーマプロミス、ユーキャンスマイル、クレッシェンドラヴ、そしてフランスのG1馬ウェイトゥパリスと、かなりハイレベルなメンバーばかりだ。表面的な人気にとらわれると、肝心な部分を見落としがちになるのは世の理。このジャパンカップは人気や実績だけでなく、情報、適性、状態、騎手などを広く、深く、見極めるべきだろう。

■的中させまくるプロ集団の極秘情報

 すると、ジャパンカップで注目すべき“意外な穴馬”が存在することがわかった。なんとその穴馬は、最近の成績が今一つということもあり、マスコミの取材もごくわずか。そして陣営もあえて「本音」を語っていないことで、スポーツ紙やテレビなどの扱いも小さく、人気上位になることはほとんどないという。しかし、この馬こそが、

“ジャパンカップで買うべき最大の穴馬”

 というのだから聞き捨てならない。今回その穴馬の存在を教えてくれたのが、かつてサニーブライアンで二冠を達成した元JRA騎手・大西直宏氏ら一流競馬関係者が所属する「ワールド」だ。このワールドは、大西直宏氏をはじめ競馬界の頂点を極めたレジェンド級の超一流が数多く所属している。実際に騎手や調教師、厩務員として活動していたからこそ、彼らだけにわかる競馬の内部事情がある。それは一般の競馬ファンはもちろん、外部の関係者に過ぎない競馬記者たちとは、知識も経験も視点も違うのだ。

【緊急】JRAジャパンC(G1)アーモンドアイに不安情報!? 競馬史に残るレースで超高額配当か、ヤバすぎる関係者情報を特別公開の画像3
競馬を知り尽くすダービージョッキー、元JRA騎手の大西直宏氏

 そのワールドが競馬ファンに向けて提供する競馬情報を一度体験すれば、そのレベルの高さに驚くだろう。先週はマイルチャンピオンシップ(G1)のパーフェクト的中を達成し、21日土曜の阪神8Rでは3連単8万5280円、3連複2万2890円、馬連3070円という高配当をズバリ的中。しかも10月11日には、一般マスコミの予想では“ほぼ的中不可能”な3連単123万7590円、3連複13万2330円という超高配当馬券を的中させたほど。これほどの実力と実績を持つワールドが見つけたジャパンカップの穴馬――。これは競馬ファンはもちろん、ジャパンカップに興味があれば是が非でも知りたい情報だろう。

■表に出てこない穴馬情報で一攫千金へ!

 そして今回、なんとその特別な情報を、読者へ無料で提供してくれることが決定したのである。真意について、ワールドの担当者が語ってくれた。

「今年のジャパンカップは日本競馬史上に残る、ここ数年でも最大級の盛り上がりを見せています。無敗の三冠を達成したコントレイルとデアリングタクト、加えてG1レース8勝のJRA記録を達成したアーモンドアイ。これぞ日本競馬の至宝が一堂に会する頂上決戦といえるでしょう。

 しかし、それと馬券は別物です。豪華メンバーの裏で、虎視眈々と一発を狙う穴馬の存在があります。ジャパンカップの優勝賞金は3億円で、勝てば馬主は2億4000万円が手に入ります。コロナの影響で資金が必要なのは一般人だけではありません。そういった意味も含め、このジャパンカップはそう簡単には3頭で決着しません。

 その穴馬こそ今年のジャパンカップで特に注目すべき存在であることは間違いありませんが、現時点で詳細を正確に把握しているのは我々ワールドのみ。関係者の本音がマスコミなどの表に漏れることはありません。今からレースが楽しみですよ。

 これは好配当に繋がる貴重な情報ですが、サイト創設21周年を記念し、トカナをご覧の方に【ジャパンカップで本当に買うべき3頭】を無料で公開します。注目の穴馬を含め、アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの中から買うべき馬など、ジャパンカップの的中を左右させる重要な情報です。ぜひ、遠慮なくこの情報を活用して欲しいと思います」(ワールド担当者)

 注目のジャパンカップまであと数日となったが、まだ何を買うか決めかねている競馬ファンもいれば、初めて馬券の購入を検討している初心者もいるだろう。そんな人達にとって、このワールドが無料で提供する情報は何よりも価値があるものだ。ダービージョッキー大西直宏氏も太鼓判を押すワールドの情報をしっかり活用し、このジャパンカップで冬の特別ボーナスをゲットしよう。

CLICK → 無料公開!【ジャパンカップ「穴馬含む買うべき3頭」】ワールド

※=本稿はPR記事です。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
「とうとう……脱がしてしまいました」LGBT系のクレオパトラ映画が凄い!

「とうとう……脱がしてしまいました」LGBT系のクレオパトラ映画が凄い!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

人気連載
玉の輿、成り上がり… 努力せず幸せになれる“超ラッキーな手相”をLove Me Doが解説! 幸運のピーク年齢も判明!

玉の輿、成り上がり… 努力せず幸せになれる“超ラッキーな手相”をLove Me Doが解説! 幸運のピーク年齢も判明!

【手相】玉の輿線、成り上がり線、ヒモの才能線  今回は、...

【緊急】JRAジャパンC(G1)アーモンドアイに不安情報!? 競馬史に残るレースで“超高額配当”か、ヤバすぎる関係者情報を特別公開のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで