【予言】エコノミスト2021表紙の怖い暗示! グレートリセット、イルミナティ、数字の「21」、日本に脅迫、大島てるが…!

 今年もイギリスの政治経済誌『エコノミストThe Economist)』が、翌年の世界情勢について論じた『世界はこうなる』シリーズの2021年版を刊行した。そこで語られる内容はビジネスパーソンのみならず、世界中のリーダーたちからも重視されており、翌年の舵取りに役立ててきたとされる。一昨年は、レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500周年を記念して、彼が描いた「ウィトルウィウス的人体図」をモチーフにした新世界秩序(New World Order)による年度計画を発表。昨年は文字列が列挙され、ミニマリズムの極致と化したが、2021年版は再び遊び心満載のデザインに戻った。

画像は「The Economist」より

 ご覧のように今回はスロットマシーンがモチーフだが、『世界はこうなる』編集者のトム・スタンデイジ氏によると、これには2021年の21という数字が関係しているという。

21という数字は、幸運、リスク、チャンスを掴むこと、そしてサイコロを振ることに関係しています。21はサイコロの目の数の総和であり、1ギニーのシリングの数であり(かつて英国で使われていた金貨ギニーは21シリングに相当する価値があった)、賭け事や競馬の通貨です。アメリカでは21歳がカジノに入ることができる最低年齢であり、ギャンブラーに人気のあるブラックジャックなどカードゲームの名前でもあります」(スタンデイジ氏)

 このように「21」が賭け事を暗示することが、現在の不確実な世界と符合することから、スロットがモチーフに採用されたとのことだ。

 前置きはこれぐらいで、早速内容に入っていこう。まず気になるのは4列それぞれに配置された4つの絵柄だ。ウイルス、赤いマスクをした顔、核ミサイル、男性の顔、2つに引き裂かれた星条旗、TikTokのロゴ、ドル、風力発電機、中国国旗、右肩上がりのグラフ、森林火災、ビデオ会議、もう1つウイルスに加えて、クエスチョンマークが2つある。

 スロットマシーンは絵柄の残像から下から上に回転しているようにも見えるが、上から下への回転と考えている考察もある。また、この回転が時系列を表していると見る人々もいるが、牽強付会な解釈の前にまずは描かれているものを素直に凝視したい。

【予言】エコノミスト2021表紙の怖い暗示! グレートリセット、イルミナティ、数字の「21」、日本に脅迫、大島てるが…!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル