2019年のエコノミスト誌が「新型コロナウイルス」を完全予言! やはり裏にロスチャイルド家と米長官の意味深発言!

2019年のエコノミスト誌が「新型コロナウイルス」を完全予言! やはり裏にロスチャイルド家と米長官の意味深発言!の画像1
画像は「getty images」より

 世界中の政治家からビジネスパーソンまで、その確かな分析能力に厚い信頼を寄せているイギリスのロスチャイルド系政治経済紙『エコノミスト(The Economist)』。マイクロソフト社創設者のビル・ゲイツ氏は『The Economistしか読まない』と公言しているほどだ。

『The Economist』の驚異の分析力と予言力がいかんなく発揮されるのが毎年年末に発刊される『世界はこうなる』シリーズである。その意味深長な表紙デザインに未来の世界情勢が暗示されているとして陰謀論界隈では有名であり、これまで仮想通貨の出現、ノートルダム大聖堂の火災などことごとく的中させ、その実績は折り紙付きだ。

 そして、いま世界で猛威をふるっている新型コロナウイルスの出現さえも完璧に予言していたことが明らかになったのだ。オルタナティブニュースサイト「Before It’s News」(2月18日付)が報じている。

 問題となるのは『世界はこうなる』2019年版の表紙である。レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500周年を記念して、「ウィトルウィウス的人体図」をモチーフにしている。新型ウイルスの出現に関係しているのは、中央付近に描かれた目つきの悪いパンダである。パンダは中国の象徴、目つきの悪さは習近平国家主席を象徴している。

2019年のエコノミスト誌が「新型コロナウイルス」を完全予言! やはり裏にロスチャイルド家と米長官の意味深発言!の画像2
画像は「The Economist Store」より

 さて、この不機嫌なパンダが見つめている先に、ある動物がいる。全身を鱗に覆われたアルマジロのような生き物である。表紙デザイン発表当時、この生物の解釈は困難を極めた。この他にも表紙には多くの動物が描かれているが、それぞれに意味がある。ゾウはインド、その牙はインド経済の好調を暗示。ブルドッグはイギリスの国犬、ブレグジットに関する話題。コウノトリはバーコードを運んでおり、QR・バーコード決済を暗示していると考えられた。

 だが、このアルマジロには対応するものがない……。その真相が明らかになったのは、本紙が発売されてからだった。実はこの生物はアルマジロではなく、センザンコウだったのである。野生動物取引サミットを意味していたのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ