【悲報】英紙『エコノミスト2018』の表紙が“日本沈没と核戦争とイルミナティ支配”を予言! “不吉な暗示63”を一挙掲載!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント11
economist2018_01.jpg
画像は「The Economist」より引用

 今年もイギリスの政治経済誌『エコノミスト(The Economist)』が、翌年の世界情勢について論じた『世界はこうなる』シリーズ(2018年版)を刊行した(日本での発売は12月19日)。そこで語られる内容はビジネスパーソンのみならず、世界中のリーダーたちからも重視されており、翌年の舵取りに役立ててきたとされる。昨年は、タロットカードをモチーフにした不吉な絵柄のカバーで全世界を震撼させたが、今年はポップなピクトグラム(絵文字)となっている。だがよく見てみると、ポップな絵柄とは裏腹に不気味な“予言”が浮かび上がってくるのだ。

 表紙に羅列されているピクトグラムは以下の通りである。左上から、

雨/太陽、太った猫、撮影カメラ、赤ん坊、自由の女神、トランプ米大統領、スマイル、星が1つ欠けた欧州旗、杖を持った老人、不機嫌な顔、棒グラフ、車、ロケット、ペンデュラム、聖ワシリイ大聖堂、蚊、戦車、王冠、隕石、wifi、金正恩、ハンドバッグ、工場、山、ラクダ、きのこ雲、習近平、インドのモディ首相、時計台、ヘッドセット、花、自転車、戦闘機、メルケル独首相、ギター、コーヒーカップ、ゴムボート、投票箱、柱、エッフェル搭、プーチン露大統領、吊り橋、ロボット、ピエロ、惑星、アフリカ、星付きのヘルメット、キリスト教・イスラム教・ユダヤ教のシンボル、本、DNA、トロフィー、ロックが外れたスマートフォン、魚、マクロン仏首相、傘、石油掘削装置、ホワイトハウス、望遠鏡、半分に成った旭日旗、スキー板、ドローン、電気自動車の給油ステーション、ポセイドン

 蚊はジカウイルスなどの伝染病の蔓延、星が欠けた欧州旗はブレグジット後のEU、スキー板は平昌オリンピック・パラリンピックなど、それぞれのピクトグラムが対応する意味を持っていると考えられるが、ここでは関係する複数のピクトグラムのグループから連想されることを指摘しておこう。

economist2018_02.jpg
画像は「The Economist」より引用

 まずは世界のリーダーらの顔だ。トランプ、プーチン、メルケル、マクロン、習近平、金正恩などがあるが、悲しいかな、我が国の安倍首相の顔は見当たらない。代わりに半分に切られた旭日旗が日本を象徴しているものと考えられるが、これは不気味だ。というのも、下半分は水平線の下に隠れていると考えると、これは日没の太陽と捉えることができるからだ。もちろん、日の出の可能性もあるが、安部首相の顔もなく、敢えて旭日旗をモチーフにしていることから日没=日本沈没を意味している気がしてならない。

 次に気になるのは、ロケット、きのこ雲、戦車、戦闘機といった戦争に関係があるピクトグラムだ。ここで想起されるのは、もちろん北朝鮮情勢だろう。これは、いよいよ来年にも北朝鮮との戦争に突入するか、あるいはエルサレム問題で揺れる中東の混乱を意味しているのかもしれない。

コメント

11:匿名2018年1月29日 10:01 | 返信

旭日旗は日の丸と違う為、(ヤラサレ内戦戊辰戦争以来の外資奴隷組織)日本の極右の沈没など・・
エコノミストの表紙指示している連中の特殊な状況は・・
世界各国の中央銀行の大株主で、各国通貨発行量の数%搾取蓄財した財力。
株式賭博、為替FX賭博、仮想通貨賭博で財力肥大化、
東インド会社が始めた株式賭博システムで、世界中の銀行支配による、世界中の企業の経営支配、
日本では鉄砲伝来以来の、ヤラセ内戦〜世界人殺し合戦戦争殺人等兵革災難マフィア
食源病マフィア、石油化学合成細胞毒神経毒系農薬等毒源慢性病マフィア
地球環境食品人体核汚染化学兵器微粒子アトミックモンスター毒源慢性病マフィア
食品添加毒物源慢性病マフィア、
細胞毒神経毒処方教唆師・遺伝子等人体加工学者と細胞毒神経毒製造製薬多国籍災難犯罪奴隷企業
遺伝子組換え作物系食料独占資本飢餓災難マフィア
((生物化学核)兵器と原料と借金売りつけ)等

10:匿名2017年12月18日 21:39 | 返信

旭日旗であつことから、朝日という解釈があってる気がします。

失われた20年から立て直しつつあるという印象をデザインした人は持っているように感じました。

9:匿名2017年12月16日 22:12 | 返信

経済誌の内容などは理解できず、表紙だけ注目しているTOCANAが痛い。

8:匿名2017年12月16日 21:57 | 返信

勝手な妄想で、潜在意識に不幸や恐怖を刷り込むの辞めてくれない?

7:匿名2017年12月16日 03:20 | 返信

人食いバクテリアのイルミナティカード
空から撒くケムトレイルのイルミナティカード
ビットコインらしきイルミナティカード

は、確認できた

日本は沈没もうしてるだろw

6:匿名2017年12月15日 23:55 | 返信

わざわざ一般紙を会報代わりにつかうのだろうか?秘密裏に方針を決める会議を行えるなら、結果の通知だって会議でできるし、会議開催通知と同じ通信方法で秘密裏に伝えられるだろうに

5:匿名2017年12月15日 23:00 | 返信

エコノミストと言う中二病が適当に妄想した戯言をどう信じろと?
説得力0過ぎる

4:匿名2017年12月15日 22:39 | 返信

半分になった「朝日新聞」だよ。
慰安婦の件が捏造記事だったことは認めてはいるものの謝罪はしていない。
いつまでたっても捏造記事で日本を悪者だと誤解させるような記事を書いたことを謝罪しないため、世間から見放されるんだよ。

3:匿名2017年12月15日 21:57 | 返信

旭って”あさひ”って読むんだけど・・・どう解釈したら日の入りになるのか、記事書いたのアジア系外国人記者なんですかね・・・?
例えば旭川とか地名見ても読めないってことは少なくとも日本ではなく、感じの意味を知らないということは中国系ではないかと思うのですが。。。

2:匿名2017年12月15日 21:57 | 返信

旭って”あさひ”って読むんだけど・・・どう解釈したら日の入りになるのか、記事書いたのアジア系外国人記者なんですかね・・・?
例えば旭川とか地名見ても読めないってことは少なくとも日本ではなく、感じの意味を知らないということは中国系ではないかと思うのですが。。。

1:匿名2017年12月15日 19:21 | 返信

で、エコノミストの表紙作ってる奴に何か特殊な能力があるわけ?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。