男を喜ばせるため“マグロ”を演じる女たち…! 東北の寒村に受け継がれた伝統的セックスの由来とは!?

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】

男を喜ばせるためマグロを演じる女たち…! 東北の寒村に受け継がれた伝統的セックスの由来とは!?の画像1
「ゲッティ」から引用

 世の中には一風変わった価値観を持つ人々というのがいるもので、得てしてそうした人々による言動というものは、奇妙な習慣や文化を生み出すようだ。

 

「まぁ、人それぞれ好き嫌いはあるからね。それを無視して、みんなで同じようにするっていうのはどうもね」

 

 かつて東北地方のとある地域で定着していたという変わった価値観と、それが生み出したと思しき慣習についてそう語るのは、現在も当地で暮らし、父祖伝来の山で林業を続けている新垣猛さん(仮名・82)。新垣さんの話によると、その昔、当地の男性は、なぜか“マグロ”状態の女性を珍重する不思議な価値観を持っていたのだという。

 

「そのほうが初々しいからという話もあるけど、どうなんだろうね。でもそういう考えなもんだから、女たちもそれに合わせていたんだよ。変な話だろう?」

 

 いわゆる“処女信仰”的なニュアンスによるものなのか、様々なテクニックを駆使して、男性に奉仕するタイプの女性ではなく、ある意味、それとは真逆とも言える“マグロ”タイプの女性をこよなく愛していたという当地の男性たち。そのため、女性側はこうした“男性の求める女性像”にあわせる形で、あえて“マグロ女”を演じ、男性たちはそうした女性たちの“名演技”に狂喜乱舞していたのだという。

男を喜ばせるためマグロを演じる女たち…! 東北の寒村に受け継がれた伝統的セックスの由来とは!?の画像2
「ゲッティ」から引用

「(女性たちは)本当なら、あれやこれやとできるし、やりたくても、わざと何もしないでいたという話だね。もっとも、俺なんかはそういうわざとらしいのは嫌いだから、カミさんには“好きなようにしてくれ”って言って、そうしてたけどね」

 

 そもそもなぜこのような価値観が当地で広まり、それが男女の慣わしという形で長きに渡って定着したのかは定かではないが、現代でも、男性への“ある種のサービス”として、あえて演技をし、喜ばせているという女性も少なくないハズ。やはりいつの時代も女性のほうが男性よりも一枚上手と言えるのかもしれない。

文・取材=戸叶和男

●戸叶和男の記事一覧はコチラ

戸叶和男の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

男を喜ばせるため“マグロ”を演じる女たち…! 東北の寒村に受け継がれた伝統的セックスの由来とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル