【決定版】妖精? 実在?「小さな人々」の世界中の神秘的な証拠を徹底解説!

 我々と同じ類人猿のサルには実にさまざまな種がいるが、人間には亜種が存在していない。しかし本当にいないのか。そこで浮上してくるのが多くの文化で語り伝えられている“小さな人々”である。

■世界各地に伝わる“小さな人々”

 世界各地で“小さな人々”の存在が語り伝えられている。そうしたものの多くは神話やおとぎ話などのファンタジーなのだが、これほどユニバーサルな存在である“小さな人々”であるだけに、神話の原型以上のものである可能性はあるのだろうか。

■古代ギリシア人たちの言及

 古代ギリシアの学者、歴史家、哲学者の何人かがこれらの伝説的な“小さな人々”について言及している。アリストテレスの『動物誌』(紀元前300年)で、伝説の“小さな人々”であるピグミーについて彼は次のように記している。

「これらの鳥(ツル)は、スキタイ(現代のユーラシア)の草原から、ナイル川の源流であるエジプト南部の湿地帯(エチオピア)に移動します。ちなみにツルがピグミーと戦うと言われているのはここです。話は素晴らしいものではありませんが、実際にはここに小人の種族があり地下の洞窟に住んでいて、馬はほとんどいませんでした」

「Ancient Origins」の記事より

 一方、ローマ帝国期のレムノス島出身の著述家、ピロストラトスも同様の記述を残している。

「そしてピグミーに関しては、彼らは地下に住んでいて、ガンジス川の反対側を占め、すべての人が関係した共同体であったと彼は言いました」

 ピロストラトスはまた半神の英雄が別の半神で巨人の戦士を殺し、その後眠りに落ちたというヘラクレスについての神話の記述を引用した。ヘラクレスは倒した巨人がピグミーに関わっていることを知らず、ピグミーが戦いを見て悲しんでいることも知らなかった。

 彼はさらにピグミーが食料を貯蔵し、小さな馬を飼い、トンネルの地下に住んでいたことを詳しく説明し、ヘラクレスが眠りについたとき、彼らは波のように地下からうねり出てきて、彼を縛って捕まえようとしたという。

【決定版】妖精? 実在?「小さな人々」の世界中の神秘的な証拠を徹底解説!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル