伝説の廃墟「首折れ観音」の誰も知らない真実とは!? “謎の住民”から〇〇を食わされ… 廃墟マニアが衝撃体験を激白!

伝説の廃墟「首折れ観音」の誰も知らない真実とは!? 謎の住民から〇〇を食わされ… 廃墟マニアが衝撃体験を激白!の画像1

 廃墟マニアの間で「首折れ観音」という異名で知られる「世界平和大観音像」(兵庫県淡路市)の解体工事が、6月から始まった。廃墟マニアはもちろんのこと、巨大物マニアや探険マニアからも悲鳴が上がっている。

 淡路島に住んでいる人なら誰でも知っている「世界平和大観音像」が建設されたのは、1982年。高さ約100mを誇るこの像は、当時、“世界一の高さを誇る観音像”として知られると、人気の観光スポットになった。ところが次第に物珍しさがなくなってくると来場客は激減し、2006年に閉鎖された。その後、地元出身の所有者で資産家だったオクウチグループの創業者、奥内豊吉氏が亡くなると放置されるままになっていた。「首折れ観音」という異名がついたのは、首部分にある展望台がまるでむち打ち治療用のギプスのように見えるからだ。

 コンクリートで作られている大観音像は、はるか2キロ先からも見ることができる。その姿はいつ見ても立派だが、長年放置されていることから老朽化が進み外壁が剥がれ落ちているところもチラホラ。2020年3月末から国が所有者となり解体を検討していた。

 撤去を完了まで1年8カ月を要すると予定されており、日本一の高さを誇る観音像だけあって“難工事”になりそうだ。

伝説の廃墟「首折れ観音」の誰も知らない真実とは!? 謎の住民から〇〇を食わされ… 廃墟マニアが衝撃体験を激白!の画像2

「5年前に、首の部分にある展望台に登りました。景色は最高でしたね。潮風が気持ちよかったです。こんな快適な廃墟は他にはありませんよ(笑)。奥内豊吉氏が集めた宗教的なコレクションもまだ残されていて、B級感たっぷりの廃墟でした。そのときは、ここに“住んでいる”男性がいて、酒を酌み交わしたものです。最初は僕らの来訪に驚いていたのですが、段々打ち解けてくると、塩ラーメンを作ってくれましたよ。とても美味しくていい想い出になりました」(長年四国の廃墟を探索している男性)

 この観音像の台座部分となるビルの1階には、豊清山平和観音寺がある。表向きには。宗教施設だったが、実際には、資産家が手がけたミュージアムのようなものだった。

 工事が始まると、全体を覆い尽くすドームができてしまうのだと言う。カメラに収めておきたい。

文・写真=酒井透

●酒井透(さかい・とおる)
写真週刊誌「FOCUS」(新潮社/休刊中)編集部カメラマンを経て、現在、秘境・不思議スポット探検家/写真家として活動中。「FOCUS」時代には、逮捕直後の宮崎勤をスクープする。国内はもとより、これまでに50カ国あまりで取材活動を行っている。著書に『中国B級スポットおもしろ大全』(新潮社)、『未来世紀 軍艦島』(ミリオン出版)などがある。最新刊は、『軍艦島 池島 長崎世界遺産の旅』(筑摩書房/共著)。

酒井透の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

伝説の廃墟「首折れ観音」の誰も知らない真実とは!? “謎の住民”から〇〇を食わされ… 廃墟マニアが衝撃体験を激白!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル