アラスカの地下に「巨大ピラミッド」が存在か! 地底エレベーターまで… 米政府の秘密を元海軍職員が激白

 2011年2月、米国アラスカ州で1万1500年前の家屋跡が発掘された。同時に、埋葬された3歳児と思しき人骨も出土。アラスカ大学の研究者によれば、その3歳児は屋内の暖炉で火葬された可能性が高いという。現地語で「上流の太陽の川」と呼ばれる、同地域で発見された人骨は「ホーソー・チャグ・ツェニーン」と名付けられた。歯の予備的調査から、人骨がアメリカ先住民族と北東アジア人の両方に類似すると指摘されている。

 このようにアラスカに古代より人類が住んでいたことは事実である。その痕跡の多くは氷雪に埋もれ、今では容易に確認することはできない。では、その氷雪の下に、さらにその地下には何が眠っているのだろうか? 実は、アラスカの地下に「ピラミッド」が存在するという説がある。2019年4月の記事を再掲する。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 北アメリカ大陸の北西端に位置するアラスカの地に、巨大なピラミッドが眠っていると英「Daily Star」(3月30日付)が報じた。

アラスカの地下に「巨大ピラミッド」が存在か! 地底エレベーターまで… 米政府の秘密を元海軍職員が激白の画像1
画像は「Daily Star」より引用

 ことの発端は1992年に中国が行った威力1メガトンの地下核実験であった。爆発による地震波が世界を駆け巡り各地で観測されたが、その時のデータによって、米アラスカ州アンカレッジ北部の地下に存在する地質の異常が明らかになったというのである。

 米「History Channel」の人気番組「古代の宇宙人(Ancient Aliens)」によると、その異常の原因は地下に眠る巨大なピラミッドなのだという。番組に登場するジャーナリストのリンダ・モールトン・ハウ氏は、そのピラミッドを直接見たという男性の息子にコンタクトを取り、その証言を匿名で紹介している。

 この父親は米海軍に勤めていた元エンジニアで、「地下に存在する巨大なエネルギー」に関する特別なプロジェクトに参加したという。そこには地下へと続く長いシャフトエレベータがあり、それに乗って巨大なピラミッドの底へと向かっていたそうだ。彼の仕事は巨大なエネルギーがどのように発生・放射しているのかを突き止めることにあった。

アラスカの地下に「巨大ピラミッド」が存在か! 地底エレベーターまで… 米政府の秘密を元海軍職員が激白の画像2
画像は「Daily Star」より引用

 しかし、父親が息子に話したのはこれだけだった。「これは政府の秘密だったのです」とその理由を推測している。

 この件について、陰謀論者デイヴィッド・ウィルコック氏は「隠蔽されている」と主張しており、「アラスカで何かが発見されたことに疑いはない」と述べている。そして、隠蔽が起きているその原因を次のように話した。

「思うに、それは人間が作り上げてきた科学を完全に書き換えてしまうようなものなので、これまで隠されてきたのでしょう」(ウィルコック氏)

 ウィルコック氏はアラスカの地下に存在するものを、現代の人間にも建造不可能な代物であり、過去に我々をしのぐ科学技術を持った文明が存在する証拠ではないかと推測する。要するに、世界中に存在する多くのピラミッドと同じく、古代の超文明の遺跡ではないかというのである。

 地下の巨大ピラミッドといえば南極が有名であるが、アラスカにも同様の巨大建造物が存在するのだろうか。もし実在した場合、それらを作り上げたのは一体誰なのだろうか? 世界中に存在するピラミッドとの関連はあるのか? 実に興味深い話である。

参考:「Daily Star」、ほか

編集部

TOCANA|世界をオルタナティブな視点で読み解く
Twitter: @DailyTocana
Instagram: tocanagram
Facebook: tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

アラスカの地下に「巨大ピラミッド」が存在か! 地底エレベーターまで… 米政府の秘密を元海軍職員が激白のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル