自殺者を引き寄せる“穴”の秘密とは!? シンガポールの最恐タブー、アジア最先端の実話怪談

関連キーワード:

,

,

,

自殺者を引き寄せる穴の秘密とは!? シンガポールの最恐タブー、アジア最先端の実話怪談の画像4
パークビュー・スクエア 「Wikipedia」より引用

 一見、美術館や博物館にも見えるのですが、基本的には複合商業オフィスビルです。たしか住友系の会社が開発に関わっていたように思います。このパークビュー・スクエアは、建物の前面に銅像を置き、悪い気の流入を防いでいるそうです。事実、同じ場所にある「ゲートウェイ・ビル」も風水を取り入れて建築されているとか。長年、このあたりは更地だったんですが、理由は悪い気がパークビュー・スクエアの土地に凝集するからと。たしかに、この20年間のシンガポールの経済発展を考えると、かなり異様な空き地だったのかもしれません。都市開発の最中、商機にして投機対象の土地が空き地だったんですから。さらに建築されたビルや施設も風水防壁を張り巡らしているとまで言われるので、よほどのことがあるのかもしれません。

――では、ゴースト・マンス(幽霊月間)とは?

P氏  華人の行事で、日本でいうところの「お盆」に当たるんですが、この期間がシンガポールでは長いんです。1カ月ほど、家族は戻ってくる死者への歓待、または人ならざるものへの警戒から外でドンチャン騒ぎをする習慣があるんです。そして、この宴会の際に参加人数よりも多く椅子を用意するんです。つまり、戻ってくる死者のための座席です。通りがかりの人や遠くからその宴会を見る人々は、だいたい「あぁ、満席の宴会で楽しそうだなぁ」と思うそうで。華人の行事ですから、通行人は無関係なマレー系やユーラシアンですよね。その彼らが本来は空席のはずの椅子に誰かが座っているのを見かけるそうです。

――それは興味深いですね。

P氏  シンガポール、凄く面白い国ですよ。良かったら一度来られませんか?(笑)

“黒い油まみれの男”が女性の寝室で… 前編はこちら!

文・取材=神ノ國ヲ

神ノ國ヲ
学術論文からオカルト記事まで。
京都大学の博士課程に所属中。

神ノ國ヲの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

「台湾有事の時、メインで戦うのは日本」アーミテージ発言で露見した米国の“本当の計画”をジェームズ斉藤が解説!

「台湾有事の時、メインで戦うのは日本」アーミテージ発言で露見した米国の“本当の計画”をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.07.05 17:30日本
米最高裁「中絶権利認めず」、メディアが報じない“本当の意味”とは? 容認派の闇と極左の陰謀をジェームズ斉藤が暴露

米最高裁「中絶権利認めず」、メディアが報じない“本当の意味”とは? 容認派の闇と極左の陰謀をジェームズ斉藤が暴露

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.07.04 18:00海外
日本版CDCは売国自民党政治の極致だった! 列島がアメリカの属州化&実験場になる未来をジェームズ斉藤が解説

日本版CDCは売国自民党政治の極致だった! 列島がアメリカの属州化&実験場になる未来をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.06.22 17:30日本
ツイッター買収の黒幕、第二次日露戦争、岸田政権の売国… 報じられない真実をジェームズ斉藤が暴露!

ツイッター買収の黒幕、第二次日露戦争、岸田政権の売国… 報じられない真実をジェームズ斉藤が暴露!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.05.31 17:30海外
チャクラが輝き、陰陽エネルギー吸収、10歳若返り… 「異次元レベルで整う」世界最先端の波動グッズがヤバい!

チャクラが輝き、陰陽エネルギー吸収、10歳若返り… 「異次元レベルで整う」世界最先端の波動グッズがヤバい!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.06.20 15:30異次元

自殺者を引き寄せる“穴”の秘密とは!? シンガポールの最恐タブー、アジア最先端の実話怪談のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル