「人体自然発火現象」史上最恐の事例とは!? 祈る男が突然… 消火後に“凄惨すぎる異変”も

 不幸なことに火事の現場から焼死体が発見されることはあるが、その一方で、どう考えても自発的に燃えたとしか思えない謎の焼死体が発見されている。それは「人体自然発火現象」と呼ばれているきわめてレアでミステリアスな超常現象だ――。

■寝室で燃えた修道士

 きわめて珍しい超常現象「人体自然発火現象(spontaneous human combustion)」では、全身が燃えている場合もあれば身体の一部や衣服だけが燃えていた事例も報告されている。警察の鑑識もお手上げのミステリアスな変死体だ。

 当然ながら犠牲者は死後に発見されているのだが、非常にまれなケースとして犠牲者がすぐには亡くなっていなかった痛ましいケースも報告されているというから興味深い。

「人体自然発火現象」史上最恐の事例とは!? 祈る男が突然… 消火後に凄惨すぎる異変もの画像1
「Mysterious Universe」の記事より

 1776年10月、イタリア・フィレンツェの修道士であるドン・ジオ・マリア・ベルトーリは旅に出ていたのだが、その日、現在のアルブルッツォ州キエーティ県フィレットにある義理の兄弟の家にやって来たのだった。

 日中は修道士としてさまざまな務めをしていたこともありひどく疲れていたベルトーリは、夜の祈りを終えると、あてがわれた部屋にすぐに引きこもり就寝した。

 部屋に入っていったベルトーリがベットに就いたかと思った矢先、その部屋の中から発せられた叫び声に家の者は驚いた。いったい何が起きたというのか。

 家の者が急いて部屋に向かい、部屋の扉を開けるとそこにはなんと炎に包まれて床の上に倒れているベルトーリの姿があったのだ。

 家人がベルトーリに近づくと炎は静まり、すぐに完全に消えた。義理の兄弟たちは火傷を負っているベルトーリにあらゆる応急処置を施して、医者に連絡をしたのだった。炎はまるで生き物のように近づいてきた家人に反応して、自らその場を去ったように見えたという。

 ベルトーリは酷い状態で、腕と首と顔に重度の火傷を負っていた。シャツも大半は燃えていたが、肩のあたりを覆っていたハンカチはなぜか燃えていなかった。またナイトキャップが完全に焼け焦げていたのに、その下の頭髪は無事であった。さらにズボン、下着、リストバンドも無傷であったのはかなり奇妙なことであった。

「人体自然発火現象」史上最恐の事例とは!? 祈る男が突然… 消火後に凄惨すぎる異変もの画像2
「Mysterious Universe」の記事より

■謎が深まる「人体自然発火現象」

 応急処置の甲斐もあってなんとか話ができるようになったベルトーリによれば、就寝直前に神に祈っていたときに右手に棍棒で打ちつけられたような痛みを感じ、その後に身体から火花が散りシャツが激しく燃えたのだという。

 部屋には特にものが焼けた臭いや焦げた臭いはなく、煙などもなかった。部屋の床や家具も無傷で、火事の兆候はまったくなかった。部屋の唯一の奇妙な点は、ベルトーリが部屋に入った時点ではオイルで満たされていたはずのランプがこの短時間の間に完全に乾いていて、芯が完全に燃え尽きて灰になっていたことだった。

 すぐにやってきたジョセフ・バッタリア医師が診察したのだが、状態は一刻を争うもので、医師はベルトーリの右腕、肩、太もも上部の大部分の皮膚を取り除くことを余儀なくされ、すでに壊疽が進んでた右腕は切断せざるを得なかった。

 バッタリア医師はこの時の診察と治療の詳細を後に詳述し、それがフランスの法医学誌に掲載されたのだが、そのレポートによればそうした応急処置にもかかわらず、身体の状態はどんどん悪化していったという。短時間のうちに壊疽が進み、部屋の中には腐敗臭が立ち込め、患者の意識は遠のきながらも痙攣と嘔吐を繰り返す悲惨な状態であったということだ。

関連キーワード:, , ,

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

「人体自然発火現象」史上最恐の事例とは!? 祈る男が突然… 消火後に“凄惨すぎる異変”ものページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

人気記事ランキング更新