スイスの隔絶された寒村で起きた最狂に忌まわしい事件とは!? 消えた兵士、7人の子供、人肉食、洞窟の奥で…!

※ こちらの記事は2020年6月25日の記事を再掲しています。

 第二次世界大戦中にスイスの村で村民を戦慄させる連続誘拐事件が起こっていたという。冬の間は豪雪で周囲から隔絶された地となるアルプスの小さな村で何が起こっていたのか――。

■スイス・アルプスの村に英陸軍一個中隊が駐留

 戒厳令下の生活の中では、普段よりも特殊な体験をしやすいのかもしれない。国家運営と国益がすべてに優先する戦時下では、人の行動や出会いも、場合によっては運命を大きく左右するものとなるだろう。

 第二次世界大戦で中立の姿勢を貫いたスイスだが、戦争の影響はこの国の小さな村にも及んでいた。

 英米を中心とする連合国にも、ドイツ、イタリアなどの枢軸国のどちらにも加担していない永世中立国・スイスであったが、ヨーロッパでの戦いが激化してくるにつれ、スイス軍もドイツとの国境の守備を強固化する必要に迫られた。

スイスの隔絶された寒村で起きた最狂に忌まわしい事件とは!? 消えた兵士、7人の子供、人肉食、洞窟の奥で…!の画像1
「Mysterious Universe」の記事より

 戦争を通じてドイツがスイスに攻め込むことはなかったのだが、ヒトラーはスイス侵攻作戦を検討していたといわれている。もし侵攻された場合、スイス軍はドイツ軍の戦力をなるべく削ぎながら少しずつ後退し、アルプスの地形を利用した山岳要塞にこもって徹底抗戦するプランを練っていたという。

 ナチス・ドイツとの“決戦場”となると見込まれている山岳要塞のふもとには人口500人ほどの小さな村があった。決して味方陣営ではないものの、連合国軍側もドイツのスイス侵攻作戦を警戒していて、イギリス陸軍はこの村に一個中隊の兵を送り込んだのである。

スイスの隔絶された寒村で起きた最狂に忌まわしい事件とは!? 消えた兵士、7人の子供、人肉食、洞窟の奥で…!の画像2
「Mysterious Universe」の記事より

■不可解な盗難事件が続く

 こうしてこの村にイギリスの兵隊たちがやってきたのだが、期待されていた任務はあまりうまく進んでいなかったという。同盟軍でないこともあり、スイス軍との連携はあまりうまく図られず、言葉の問題もあって村人たちとのコミュニケーションにも非常に大きな課題を抱えていたのだ。

 部隊がやってきたのは1943年の冬であったが、降雪と吹雪の季節が本格化すると、村を出入りする道路が寸断され、当時のこの一帯はほぼ周囲から隔絶されたエリアになってしまうのだった。

 運が悪いことに、この年には雪の影響で通信回線も断絶してしまい、村人たちと部隊は限られた食糧と燃料を消費しながら雪解けの季節を待たねばならなかった。こうした窮状にもかかわらず、部隊長は任務を継続し、ドイツ軍の動向に注意を払い、あらゆる犠牲を払ってでも村を守る決意を固めていた。

 数週間後にはますます状況は過酷さを増し、急こう配の高い山に挟まれた村では日照時間もさほどなかったという。

 兵士たちも疲弊していたのだが、この時になって村人たちは通訳を通して部隊がこの村に来てから村の各所で物品がなくなっていると不平を口にしはじめたのだった。防水シート(タープ)、木材などがいくつかなくなっていて、ある村人の家では飾っていたアンティークの刀剣(ハルバード)もある日なくなっていたのだという。

 村人たちは兵士たちの中に盗人がいるのではないかと疑っていたのだが、隊長にはそれは考えられなかった。だが部隊が着任してから続いている不穏な出来事であることは否定のしようがない事実だった。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

スイスの隔絶された寒村で起きた最狂に忌まわしい事件とは!? 消えた兵士、7人の子供、人肉食、洞窟の奥で…!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング11:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル