UFO・宇宙人は実在するのか? 陰謀論と真実

UFO・宇宙人は実在するのか? 陰謀論と真実の画像1
画像は「Getty Images」より

「宇宙人は本当に存在するのか?」――誰もがそんな疑問を一度は抱いたことがあるだろう。近年では、アメリカ議会にUAPに関する機密報告書が提出されるなど、地球外知的生命体=宇宙人の存在はかつてないほど現実味を帯びてきている。

 もしかしたらUFO※/宇宙人にまつわる“陰謀論”もいずれ実話であったことが証明される日が来るかもしれない。

※ UFO(Unidentified Flying Object:未確認飛行物体)は、説明のつかない航空現象をすべて含むが、現在は「宇宙人の乗り物」という意味で用いられることが多い。そのため、現在アメリカ軍では「宇宙人の乗り物」という意味合いが強くなったUFOに替えて、説明のつかない航空現象に対し、「UAP(Unidentified Aerial Phenomena:未確認航空現象)」という呼称を採用している。最初のUFO目撃談とされる1947年の「ケネス・アーノルド事件」で、実業家のケネス・アーノルドが目撃した飛行物体について「水の上を滑る円盤のように」動いていたと描写したことから、宇宙人の乗り物を「空飛ぶ円盤(flying saucer)」と言うこともある。

マリリン・モンロー暗殺説

 そんな陰謀論の1つに米女優マリリン・モンローの死をめぐったものがある。UFOドキュメンタリー映画『Unacknowledged』で明らかにされた説によると、モンローは当時、ジョン・F・ケネディ大統領とその弟のロバート・ケネディ司法長官の両者と関係を持っていたが、両者との関係が解消された場合、UFO情報を開示すると兄弟を脅していたという。そのため、両者との関係が終焉したことをきっかけに口封じのために政府によって暗殺されたというのだ。

 モンローの死因は睡眠薬のオーバードーズだと判明しているが、自殺か他殺かについては今も議論が続いている。死の2週間前にモンローは電話で友人に「私はUFOの秘密を解き明かす大変な証拠を知っているわ」と話していたといわれ、また後年に明らかになった当時のCIA機密文書には「マリリン・モンローは危険な女である。国家を脅かす機密情報を知っている」と記されているとされている。

 彼女が知ってしまった機密情報は、「墜落した宇宙船と死体」と「宇宙から来た物体を調査する秘密の空軍基地への大統領の訪問」だといわれている。

UFOハイウェイ

 2017年9月、チャック・ズコウスキーとデビー・ジーゲルマイヤーが、アメリカを横断する「UFOハイウェイ」を発見したと報じられた。

 この兄妹は、何百ものUFO目撃情報やその他の超常現象を調査するために、何年もかけてアメリカ中を旅行し、北緯37度線は地球外生命体が地球に出入りするUFOや超常現象のハイウェイになっていることを突き止めたという。

 彼らの理論は、ベン・メズリッチ著の『The 37th Parallel』という本の題材にもなった。

 チャックは「The Sun」紙に、「2006年に、私は自分のキャトルミューティレーション(家畜の切断事件)の調査結果を見ていたのですが、それらには大きな共通点がありました。夜中に妹に電話して、『ミズーリの北緯37度線で、キャトルミューティレーションがあったでしょ?』と言ったら、彼女は『そうだ』と言ったので、私たちはもっと調べ始めたんです。すぐにキャトルミューティレーションだけでなく、あらゆる種類の出来事が北緯37度線で起こっていることがわかりました」と話している。

 北緯37度線は、カリフォルニア州からネバダ州、コロラド州、カンザス州、ミズーリ州、イリノイ州、ケンタッキー州を通り、バージニア州まで続いている。

 こうした陰謀論を信じる著名人も多く、米コメディアンのポール・オグレディは、宇宙人に囲まれて目覚めないかと思うと、恐ろしくて眠れないと話している。

宇宙人やUFOの目撃談

 宇宙人やUFOの目撃談は枚挙に暇がない。一説には過去100年以上の間に10万件以上のUFO目撃情報が記録されているといわれている。

 その中でも、米国防総省(ペンタゴン)が2020年4月に公開し、空母艦載機が撮影した「未確認の空中飛行物体」だと認めた3本のビデオは最も衝撃的なものだろう。2018年5月に白い卵型のUFOが米空母を数日間追跡した後、空中に消えていったという。2004年11月にも同様のUFOが出現しており、太平洋で行われた訓練中に米海軍の戦闘機パイロットを困惑させた。

 ジャーナリストのジョージ・ナップ氏がリークした米軍の報告書では、目撃された物体が現代の技術レベルでは難しいような動きを見せており、また、レーダーや人の目から姿を消すことができる能力も持っていたことが示され、「現在知られている米国や他国のものではない」と結論づけられている。

 今後も宇宙人やUFOに関する情報は続々と出てくるだろう。いつの日か、その全貌が明らかになることに期待したい。

TOCANA編集部

TOCANA|UFO、心霊、予言など未知の世界の情報を発信、好奇心と知的欲求を刺激するメディア
Twitter: @DailyTocana
Instagram: tocanagram
Facebook: tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

今夜21時からの「クレイジージャーニー」(TBS系列)は放送200回突破記念!少...

2023.01.30 17:00海外の連載
夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2023.01.15 14:00歴史・民俗学
アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.12.31 17:00歴史・民俗学
小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.12.21 17:00日本
2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

 広瀬学氏は、波動・スピリチュアルグッズの通信販売会社オプティマルライフ株式...

2023.01.20 13:00占い・開運

UFO・宇宙人は実在するのか? 陰謀論と真実のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング05:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル