「人骨取引」に関する5つの怖すぎる事実! 骨の油抜き、謎の“友愛組合”、頭蓋骨レンタル…

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

,

 先日、TOCANAではメキシコ中部のケレタロ・インターコンチネンタル空港にて、4つの人間の頭蓋骨が入った小包が発見されたというニュースを取り上げた。アメリカやメキシコでは、SNSを介してこうした取引が頻繁に行われており、近年問題視されているという。

 一方、ヨーロッパでは、19世紀後半から20世紀前半にかけて、人骨がコレクションアイテムとして人気を集めていたという。なかでもフランスで作られた全身骨格は、丁寧な処理が施されていることから特に評判だったとか。アメリカで唯一の”人骨職人”など、今では考えることができない、人骨取引が公然と行われていた時代の常識を5つ紹介する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※ こちらの記事は2018年3月30日の記事を再掲しています。

 ヨーロッパ諸国では、19世紀後半から20世紀初頭にかけて人骨の取引が盛んだったという。最も美しい骨は誰のものか、どのようにして骨を白くするかなど、人々は競い合うように楽しんでいた。医学関係者から人骨が提供されることもあれば、それ以外の人物が人骨を市場に流すことも……。今回は、そんな人骨取引に関する驚くべき事実を5つ紹介しよう。

アメリカで唯一の“人骨職人”

「人骨取引」に関する5つの怖すぎる事実! 骨の油抜き、謎の友愛組合、頭蓋骨レンタル…の画像1
画像は「White Background Images」より引用

 アメリカで唯一“全身骨格から油を抜く”技術を持っていたのがメイトル・マズールという人物。彼以外から全身骨格を購入すると、人骨から放たれる腐敗臭で部屋が満たされてしまうという。

 彼は、パリにある“展示用人骨製造メーカー”で油を抜く方法を学び、帰国後ニューヨークで自らの店を構えた。油を抜く作業工程が他人に明かされることはなく、メイトル以外の者が作業場に立ち入ることは決して許されなかった。彼から人骨を買いつけていたのは医学生や医者、芸術家や一部のマニアたちで、年間500体もの人骨がメイトルの施術を受けるためニューヨークに輸入されていたそうだ。

「人骨取引」に関する5つの怖すぎる事実! 骨の油抜き、謎の友愛組合、頭蓋骨レンタル…の画像2
画像は「Walmart」より引用

寄せ集めで作った粗悪品

「人骨取引」に関する5つの怖すぎる事実! 骨の油抜き、謎の友愛組合、頭蓋骨レンタル…の画像3
画像は「craftbrewswag.info」より引用

 全身骨格は骨の質やパーツの数によって“クラス分け”されており、ある有名な医者が1891年に800ドルで購入したものが最も高価な人骨だといわれている。

 最も質の悪い全身骨格は“複合骨格”と呼ばれ、1人の人間ではなく複数人の骨を寄せ集めて作られていた。この“複合骨格”は一般にも出回り、劇場やショーの見世物になることがほとんどで医学研究価値があるわけではなかった。たとえ全身が本物の人骨だったとしても、取引額は当時の価格で150ドルほど。圧縮された紙パルプの“模造骨”を使った骨格もごくわずかだが取引され、これは主に“友愛組合”と呼ばれる秘密結社に売却されていた。

「人骨取引」に関する5つの怖すぎる事実! 骨の油抜き、謎の友愛組合、頭蓋骨レンタル…の画像4
画像は「craftbrewswag.info」より引用

フランスの人骨職人

「人骨取引」に関する5つの怖すぎる事実! 骨の油抜き、謎の友愛組合、頭蓋骨レンタル…の画像5
画像は「K9 INSTINCT」より引用

 1892年のフランスでは、全身骨格を作るために遺体の脂肪や筋肉、皮膚や臓器をメスで除去していた。骨以外を取り除いた後は煮崩れしない程度に煮沸。その後天日干しして骨の白さを際立たせ、同時に太陽光で油を抜く作業が行われる。最後はエーテルやベンゼンといった薬品で磨きをかけ、フランス以外で作られた人骨との差別化を図っていた。

 全ての工程を終えた人骨は黄銅や蝶番、フックで固定され組み立てられる。フランスで作られた人骨は変色することがなく、天候の変化によって悪臭を放つこともないと評判だった。

「人骨取引」に関する5つの怖すぎる事実! 骨の油抜き、謎の友愛組合、頭蓋骨レンタル…の画像6
画像は「Indiatimes」より引用

死刑囚の行き着く先は頭蓋骨専用倉庫?

「人骨取引」に関する5つの怖すぎる事実! 骨の油抜き、謎の友愛組合、頭蓋骨レンタル…の画像7
画像は「CNN」より引用

 20世紀初頭のフランス・パリでは、処刑された犯罪者の遺族が遺骨の引き取りを拒否することが多く、引き取り手のない頭蓋骨は専用の倉庫で保存されていた。保管されている頭蓋骨には名前と処刑された日付が記されることが多く、なかには生前に犯した罪の詳細が書かれた頭蓋骨もあった。

 保管されている頭蓋骨は医師や医学関係者に売却されていたが、有料でレンタルすることも可能。“頭蓋骨レンタル”は、頭蓋骨を購入する手段や金銭的余裕のない人が講演や展示会で利用するため、必要な時間だけレンタルすることができた。

「人骨取引」に関する5つの怖すぎる事実! 骨の油抜き、謎の友愛組合、頭蓋骨レンタル…の画像8
画像は「steemit」より引用

秘密の“スペアパーツ”

「人骨取引」に関する5つの怖すぎる事実! 骨の油抜き、謎の友愛組合、頭蓋骨レンタル…の画像9
画像は「BBC」より引用

 医学目的で解剖された遺体や、“何かしらの理由”で切断された身体のパーツも“人骨取引市場”では大きな価値があった。パーツは肉をすべて削ぎ落としてから骨を漂白。その後、番号が振られて倉庫に集められる。保管されている骨は前述した“複合骨格”に使われることもあったが、ほとんどは全身骨格の一部が欠けたときの“スペアパーツ”として使用された。展示用の全身骨格に犬が噛みついて一部が破損したとしても、倉庫に送れば新しいパーツに交換できた。

 ヨーロッパのほとんどの主要都市には“人骨倉庫”が存在したが、道徳的な理由から多くの市民には秘密にされていた。幼児から成人までさまざまな骨のスペアを取りそろえたこの倉庫を利用できるのは、限られた一部の人のみだったそうだ。

「人骨取引」に関する5つの怖すぎる事実! 骨の油抜き、謎の友愛組合、頭蓋骨レンタル…の画像10
画像は「Quora」より引用


参考:「LISTVERSE」、ほか

文=山下史郎

山下史郎の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

今夜21時からの「クレイジージャーニー」(TBS系列)は放送200回突破記念!少...

2023.01.30 17:00海外の連載
夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2023.01.15 14:00歴史・民俗学
アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.12.31 17:00歴史・民俗学
小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.12.21 17:00日本
2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

 広瀬学氏は、波動・スピリチュアルグッズの通信販売会社オプティマルライフ株式...

2023.01.20 13:00占い・開運

「人骨取引」に関する5つの怖すぎる事実! 骨の油抜き、謎の“友愛組合”、頭蓋骨レンタル…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル