ジョンベネ殺害事件の現場となった家の現在がすごい! 総額9億5千万円の大豪邸が…

未解決「ジョンベネ殺害事件」の現場となった家の現在がすごい! 総額9億5千万円の大豪邸が…の画像1
画像は「Getty Images」より

 1996年12月26日、アメリカのコロラド州ボルダーにて一人の少女の遺体が発見された。彼女の名はジョンベネ・パトリシア・ラムジー。彼女は6歳にして複数の美少女コンテストで賞を獲得しており、一家がアメリカ国内でも有数のセレブだったため、事件はアメリカ国内外で報道された。当初は行方不明として通報がなされたものの、家の敷地内にあった地下室で彼女の遺体が発見されたこと、家族の警察対応に不可解な点が見受けられたことや、当事現場で捜査していた刑事が家族を疑っていた点などから、家族の中に犯人がいるのではないかと噂されたものの、確たる証拠が見つかっていないため現在も未解決のままとなっている。

 そんなジョンベネ殺害事件の舞台ともなったラムジー家が売りに出されたとして注目を集めている。事件の後、彼女の両親であるジョンとパッツィ・ラムジー夫妻は1998年にこの家を投資家に売却したものの、今年になって再び売りに出されたのだ。ちなみにこの家は2008年、2009年、2011年にも競売にかけられている。

未解決「ジョンベネ殺害事件」の現場となった家の現在がすごい! 総額9億5千万円の大豪邸が…の画像2
画像は「Getty Images」より

 今回提示された元ラムジー家の価格は700万ドル、日本円にして約9億5千万円。現在の総面積は672平方メートルで、「威厳があり近代化された1920年代の、ボルダーの壮大なロケーションに建つチューダー風邸宅」とされている。

 競売を行うLIVサザビー・インターナショナル・リアリティの説明には、この家で起こった殺人事件に関する詳細は書かれていない。しかしこの物件には「そびえ立つ木々」「プライバシー保護のために柵で囲まれている」と記帳している。やはり未解決事件の現場となった家であることから、野次馬が多くやってきたため付け足されたものとみられている。ちなみに、この木や柵は2001年以降に追加されたものだという。

未解決「ジョンベネ殺害事件」の現場となった家の現在がすごい! 総額9億5千万円の大豪邸が…の画像3
事件現場となった地下室(画像は「Getty Images」より)

 しかし物件としては中々魅力的なもののようで、広告には「広くエレガントな居住エリア、東、南、西の光が家を自然光で満たす印象的な部屋」「豪華なキッチン、広々としたレンガ造りのパティオ、豪華な庭園、コロラド大学やシャトークア・パークまで徒歩圏内」と記載されている。事件現場となった地下室は「メディアルーム、ウェットバー、ワインセラー、暖炉、ハーフバス」に再設計されているとのこと。

 なお、2022年にボルダー警察は「ジョンベネ殺害事件をコロラド州のコールドケース再調査チームとともに再調査する」と発表した。警察署長のマリス・ヘロルド氏は声明で「すべての手がかりを追跡し、この悲劇的な事件を解決するために全国の警察パートナーやDNA専門家と協力していきます。この犯罪は多くの人の心に傷跡を残しており、彼女を殺害した犯人を見つけるまで捜査を止めることはありません。この事件の捜査はこれまでも、そしてこれからもボルダー警察の優先事項です」と述べている。

参考:「Daily Star」「Westword」ほか

【本記事は「ミステリーニュースステーション・ATLAS(アトラス)」からの提供です】

文=勝木孝幸(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

ミステリーニュースステーションATLAS編集部員
ミステリー&オカルト専門ニュースサイト「ミステリーニュースステーションATLAS」では、UFO、UMA、幽霊、怪談、都市伝説など過去から最新のニュース紹介。

勝木孝幸(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

ジョンベネ殺害事件の現場となった家の現在がすごい! 総額9億5千万円の大豪邸が…のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

人気記事ランキング11:35更新