飢餓、軍事衝突、干ばつ、大洪水…2024年のノストラダムスの予言が予想通り壊滅的だった!

 師走も佳境に入り心機一転して新たな年を迎えたいものだが、ノストラダムスの“2024年予言”によれば残念ながら来年は今年以上に大変な年になりそうだ――。

■ノストラダムスの“2024年予言”

 コロナ禍は明けたとはいえ長期化するウクライナでの戦争に加え、イスラエルとハマスの紛争の勃発など2023年はなかなか大変な年であったといえそうだ。来年にはぜひとも一筋の光明を見出したくもなるが、新たな年にいったい何が待ち受けているのだろうか。そこで注目されるのは人類史上の大予言者である。

 中世フランスの医師で詩人で占星術師であったミシェル・ド・ノストラダムス(1503-1566)は歴史上最も有名な“予言者”の1人だ。

ミシェル・ド・ノストラダムス 「Wikimedia Commons」の記事より

 1555年の著書『Les Propheties(百詩篇集)』では四行詩として知られる不可解な詩の形式で未来へのビジョンが綴られており、ロンドンの大火やヒトラーの台頭、広島と長崎へ原爆投下、JFK暗殺などの歴史的イベントを予言して的中させたと言われている。

 何世紀にもわたって再読され再解釈されている『Les Propheties』だが、ノストラダムスは2024年をどのように予見していたのか。

 英ニュースメディア「LAD Bible」の記事によれば、ノストラダムスの“2024年予言”は我々にとってなかなか過酷な内容であるようだ。

 来年の予言に先立ち、ノストラダムスは今年の食料価格の高騰を予言していたという。

「小麦のブッシェルはこんなにも高騰するだろう/あの男は仲間を食べることになるだろう」

「仲間を食べる=共食い」を予見していたとはショッキングであるが、ご存知のように戦争による小麦をはじめとする食糧生産と流通の停滞により、食品価格は軒並み高騰している。幸いなことに今のところ“共食い”は回避できてはいるが……。

 では2024年をノストラダムスはどう見ていたのか。

「乾燥した大地はさらに乾燥し、大洪水が起こるだろう」

 干ばつと大洪水の発生が暗示されているようだ。2024年には世界のどこかが壊滅的な津波に襲われるのだろうか。

画像は「Pixabay」より

「厄介な災いによる非常に大きな飢餓」

 厄介な災いとはパンデミックである可能性もあれば熱波や大洪水である可能性もある。いずれにしてもそれが食糧危機の引き金になるということだ。

 またノストラダムスは中国の軍事紛争を予測していたようだ。それは「戦闘と海戦」であるという。

「赤い敵は恐怖で青ざめるだろう/大海を恐怖に陥れるだろう」

「赤い敵」は中国共産党を指し、「大海」は海上での軍事衝突を示しているという。

 台湾や尖閣諸島をめぐってもしも中国と西側の間に武力衝突が起きれば壊滅的な事態に発展する可能性は大いにあり得るだろう。ノストラダムスによれば2024年は今年以上に人類にとっての試練の年になりそうだ。

画像は「Pixabay」より

■イギリス王室で動きがある?

 イギリス人の作家の故マリオ・レディング(1953-2017)は著書の中でノストラダムスのある詩句が現在の王について言及していると指摘している。

 その王とは物議を醸す離婚を経験し「力づくで追い出された」、「諸島の王」と呼ばれる人物であるという。さらにこの王は「王の印を持たない者」に置き換えられるというのである。

 レディングによればこの一節は、チャールズ3世が「自分自身と2人目の妻に対する執拗な攻撃」により王位の退位を余儀なくされ、「王の印のない」ヘンリー(ハリー)王子が王位に就くことを暗示しているという。もしそうであればこれもノストラダムスの“2024年予言”ということになるのかもしれない。

「LAD Bible」の記事より

 現在報道されているヘンリー王子と王室メンバーとの関係を考えるとヘンリー王子の即位が起こる可能性は低いと言わざるを得ないが、ノストラダムスのほかの予言と同様、来年以降の時間の経過で思わぬ展開を見せる可能性もあるだろう。

 はたして来年はどんな年になるのか。先日にはババ・ヴァンガの“2024年予言”をお伝えしたばかりだが、ノストラダムスのほうもかなり不吉な内容である。新年の門出に油断は禁物のようだ。

参考:「LAD Bible」ほか

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.02.20 14:00スピリチュアル

飢餓、軍事衝突、干ばつ、大洪水…2024年のノストラダムスの予言が予想通り壊滅的だった!のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル