メタバースに入って“60秒で集団暴行”:そのトラウマは現実世界の暴行に似ている

 仮想空間で何が起きているのか――。ある女性はメタバースの仮想空間に入ってわずか60秒後に“集団暴行”の被害を受けたというのだ。

■メタバースに入って60秒で“集団暴行”

 メタ社が提供するインターネット上の3次元仮想空間「メタバース」でユーザーは自分自身の分身であるアバターを介して自由に動き回り、他者と交流し、商品やサービスの売買など さまざまな活動を自在に行うことができる。

 しかし自由であることは諸刃の剣でもある。メタバースを悪用したデータ侵害や虐待、性的暴行などが頻発するようになっているのだ。

 心理療法士で新興企業の共同創設者であるニーナ・パテルさんは英紙「Daily Mail」のインタビューに応じ、メタバースの仮想空間の中で4人の男性アバターに「実質的に集団暴行」されたと明らかにし、そのトラウマは現実世界の暴行に似ていると述べている。この卑劣な犯罪者たちは仮想世界にいるために法やモラルに“縛られていない”と感じられたということだ。

ニーナ・パテルさん 「Daily Mail」の記事より

 襲撃者たちの身元はわかっていないが、4人全員が男性の声をしており、その暴行犯の1人は行為の後、彼女に「嫌なふりをするな!(本当は好きなんだろ!)」と暴言を吐いたという。この“悲惨な経験”は、メタバースに参加してからわずか60秒後に起こったという。

「彼らは私を執拗に嫌がらせし、その後、私のアバターに対する性的暴行としか言いようのない行為に進みました。彼らの行動は不快で不安なものでした」とパテルさんは語る。

 メタバースはほかの多くのVR空間と同様に匿名性が保たれ厳しい規則やルールがないことから、性差別、同性愛嫌悪、人種差別が蔓延していると研究者らはかねてから指摘している。

「一部の人々は、現実世界のアイデンティティから切り離されていると感じ、何の影響も受けずに行動できると信じているため、VR設定でそのような攻撃的な行動を行う可能性があります」(パテルさん)

 さらに進んで、反社会的行為が奨励される風土が醸成されかねないとの危惧もあるという。

「もう1つの潜在的な問題は、一部のVRプラットフォームでは、攻撃的で暴力的な行為が奨励され、報われていることです」(パテルさん)

 メタの広報担当者は、友人以外が当人のアバターの4フィート以内に近づけないようにする安全ツールである「個人境界機能」があると説明している。

 パテルさんの場合は仮想空間に入った直後にわずかの間フリーズしてしまい、この機能をすぐにアクティブにすることができなかったということだ。

「Daily Mail」の記事より

■仮想現実空間はユートピアかディストピアか

 パテルさんは今回の自分の経験を「氷山の一角」と表現している。

「仮想現実のユーザーのほとんどは、個人的にまたは他人に向けられた人種差別、同性愛嫌悪、セクハラに遭遇したと報告しています。VR環境にいるとき、その人の脳はその体験が本物であると認識することが多く、興奮、恐怖、喜び、さらには仮想世界の臨場感などの本物の感情を感じることがあります」(パテルさん)

 パテルさんはVRを教育ツールとして使用する教育新興企業「Kabuni」の共同創設者であり、今回のショッキングな体験を経てもなお依然としてこのテクノロジーの熱心な支持者である。

「仮想環境内の課題とリスクについての意識を高めることが重要であるため、私は自分の話を共有し、より安全なメタバースを提唱し続けます。私の経験を共有することで、これらのスペースをより安全にすることを目的とした有意義な議論や行動に貢献したいと考えています」(パテルさん)

 パテルさんは、テクノロジーの力を過小評価しないことが重要だが、それがイノベーション、創造性、コミュニティ意識を育み、善なるものをもたらす力になり得ると信じていると語った。

「今日、私たちは、危害よりもプラスの影響をもたらすメタバースの基礎を確立する機会に恵まれた重要な岐路に立っています。この可能性を責任を持って活用することで、人間のつながりを強化し、学習を促進し、安全で楽しいユーザー エクスペリエンスを提供する仮想空間を作成できます」(パテルさん)

画像は「Pixabay」より

 非営利団体の「SumOfUs(サムオブアス)」は2022年5月、メタバース(Horizon Worlds)におけるヘイトスピーチと性的暴行の問題に関する報告書を作成し、プラットフォーム上で仮想痴漢や集団強姦が確認されたほか、性差別的、同性愛嫌悪的、人種差別的なコメントが見つかったことを報告している。

 この調査では子供にとってこのプラットフォームの利用が実に簡単であることが判明したが、ガイドラインに違反したユーザーに対して措置が講じられていないと言及している。

 パテルさんはイギリスで少女がVR内で暴行を受け、警察に通報した最近の事件を指摘し「VRの感情的および心理的影響は、とてもリアルで影響力のあるものになる可能性がある」と説明する。めざましい進歩を遂げる仮想空間がこれまでにないコミュニケーションの可能性を切り開くユートピアになるのか、それとも犯罪者や無法者の巣窟というディストピアになるのか、もちろんどちらの要素も含みつつ先へ進んでいくことになるとは思うが、現実の社会生活と同様のルールとモラルが求められていることは間違いない。

参考:「Daily Mail」ほか

関連キーワード:, , ,

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

メタバースに入って“60秒で集団暴行”:そのトラウマは現実世界の暴行に似ているのページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

人気記事ランキング05:35更新