現代のノストラダムスが予言「AIの支配者が世界に“冷たさ”をもたらす」 経済的・精神的不安が広がるとも…

 ブラジルの超能力者で現代のノストラダムスともいわれるアトス・サロメ氏が、人工知能(AI)が世界に「冷たさをもたらす」と、警告した。

現代のノストラダムスが予言「AIの支配者が世界に冷たさをもたらす」 経済的・精神的不安が広がるとも…の画像1
アトス・サロメ氏(画像は「athos_salome (Instagram)」より)

(サロメ氏についての記事)
「現代のノストラダムス」が超能力捜査官として事件解決へ! 警察から協力依頼、やはり本物か?
 

 サロメ氏によると、AIは世界中の人々に落ち着きを与えず、「頻繁な浮き沈み」を強いることになるという。そして、そうしたAIの「支配者」は、「経済的・感情的に人々を不安定にさせ、日常生活に望ましくない変化をもたらす力」を持っていると予言しているとのことだ。

どうやらサロメ氏は、オープンAIのChatGPTやGoogleがまもなく発表するAIチャットボット「Bard」の台頭やメタバースの普及に危機感を覚えているようだ。

ChatGPTはすでに社会に大きく浸透しており、今月にはブラジルの判事が、自閉症児の治療費をすべて保険でカバーすべきかどうかの判断を仰いでいたことを認めている。

判事ではなくAIが法における最高の審級だというのは非常に恐ろしい話で、そのAIをを支配する特権階級は神にも等しい法外な力を得ることになるだろう。

現代のノストラダムスが予言「AIの支配者が世界に冷たさをもたらす」 経済的・精神的不安が広がるとも…の画像2
画像は「Getty Images」より

 さらに、テック界がメタバースに夢中になることで、紛争が頻発する可能性もあるとサロメ氏は警告している。こう付け加えた。「これは『支配者』が生息する社会環境からの逃避の一種となり、新たな次元を生み出すことになる」。

 現実世界とメタバースの二重社会構造が生まれ、しかも両者が断絶した世界を形成する可能性がある。実際にスウェーデンでは同国の文化に融合しないイスラーム文化を育む共同体がパラレル・ソサエティ(並行社会)と呼ばれ危惧されていたりもする。

(パラレル・ソサエティについての記事)
「ムスリム批判は絶対に許されない」移民が侵食するスウェーデンの“パラレル・ソサエティ”化が深刻すぎる(国防省レポート)

 メタバース社会はそれ独自で新たな社会を形成し、現実世界のルールとはまた別のルール、あるいは行動規範や倫理観に従う世界になる恐れがあるだろう。そこではもちろんメタバースの創造主であるテクノロジー業界が神であり、その世界の法を司るのは彼らに手なづけられたAIだ。

 その時、世界はどうなっているのか。サロメ氏の予言に従えば未来は明るくなさそうだ。

参考:「Daily Star」ほか

文=S・マスカラス(TOCANA編集部)

3代目TOCANA編集長
TOCANA|UFO、心霊、予言など未知の世界の情報を発信、好奇心と知的欲求を刺激するメディア
Twitter: @DailyTocana
Instagram: tocanagram
Facebook: tocana.web
YouTube: TOCANAチャンネル

S・マスカラス(TOCANA編集部)の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

現代のノストラダムスが予言「AIの支配者が世界に“冷たさ”をもたらす」 経済的・精神的不安が広がるとも…のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル