「火星にはすでに進化した生命が存在」ロシア宇宙飛行士が確信! 地球の生命が既に変異… 逆パンスペルミア!

 最近になって宇宙飛行士や宇宙生物学者たちが地球外生命体やUFOについて率直な見解を口にしている。UFOは普通に存在しており、金星と火星には生物がいると実にフランクに話しているのだ。

■火星に地球由来の生物が繁殖している!?

 かつての熾烈な米ソ宇宙開発競争は冷戦終結で有無を言わさずアメリカに軍配が上がったが、現在、気づいてみれば宇宙飛行士がISS(国際宇宙ステーション)に行くにはロシアのソユーズ宇宙船に乗るしか術がない。宇宙開発においてロシアの存在感はむしろ増してきているとも言えるのだ。

 ではNASAがまだ知らない宇宙の秘密をロシアが知っているのだろうか。宇宙飛行士への最近のインタビューが何らかの暗示を含んでいるのだとすれば、その答えは“Yes”であるかもしれない。

 ISSの乗組員であった宇宙飛行士のイワン・ヴァグネル氏は、ISSから南極上空のオーロラをスマホで撮影し、5つのUFOが写り込んだ動画をツイッターに投稿している。

【ガチ】「火星にはすでに進化した生命が存在」ロシア宇宙飛行士が確信! 地球の生命が既に変異… 逆パンスペルミア!の画像1
「Global News」の記事より

 次に、ロシアの宇宙生物学者、アレクセイ・ロザノフ氏は金星の上層大気でのホスフィンを発見したと報告している。ホスフィンは生命の存在を強力に示唆するものである。

 続いて、宇宙飛行士のセルゲイ・クドスべルチコフ氏がISSの乗組員になる準備について話し合ったインタビューで、宇宙飛行士は遭遇した宇宙飛行士とのコミュニケーション方法について訓練を受けていることを明かしている。

 そして火星に生命体が存在すると断言しているのが、宇宙飛行士のオレグ・アルテミエフ氏だ。

「したがって、人間が火星に到達すると、おそらく地球上のものと非常に似ているが、すでに火星の状態により適応している生命を見つけるでしょう」(オレグ・アルテミエフ氏)

 

【ガチ】「火星にはすでに進化した生命が存在」ロシア宇宙飛行士が確信! 地球の生命が既に変異… 逆パンスペルミア!の画像2
オレグ・アルテミエフ氏 「Mysterious Universe」の記事より

 ロシアメディア「Sputnik News」のインタビューでアルテミエフ氏は、人間が火星で地球と同様の生命体に遭遇すると信じている理由を説明した。アルテミエフ氏は経験豊富な宇宙飛行士で、ISSでの長期滞在ミッションで365日を過ごし、「ソユーズMS-08」の司令官を務めている。

 彼自身が地球外生命体を確認したことはないものの、人類が火星に到着した時には生命体に遭遇することを確信している。何が彼をそのような確信へと導いているのか。

「実際、火星にはすでに生命が存在しており、私たちがそれら生命を連れ込んでいる可能性が非常に高いと思います。火星に到着したすべての車両、探査機、ステーションは、どれだけ入念に清掃、検疫を行ったとしても、隠れた場所にいる最も単純な微生物を持ち込みます」(オレグ・アルテミエフ氏)

 つまり火星に土着の生命体がいるというよりも、人類のこれまでの火星ミッションで地球由来の微生物が火星に持ち込まれ、火星で繁殖しているということになる。

【ガチ】「火星にはすでに進化した生命が存在」ロシア宇宙飛行士が確信! 地球の生命が既に変異… 逆パンスペルミア!の画像3
「Mysterious Universe」の記事より

■火星の生物は人類を歓迎してくれるのか?

 オレグ・アルテミエフ氏は決して空想好きなSF愛好家ではなく、むしろ夢を思い描かないリアリストであるという。地球上でどれほどよく消毒されていても、宇宙船が微生物なしで惑星を離れることができる方法はないという。ロシアは、旧ソ連時代の1960年から火星を周回飛行しており、1971年から探査機で火星に着陸している。米国はさらに進んで、1990年代から火星に探査車を配置し、地球の微生物を拡散させているというのである。

 そしてISSのミッションではクマムシがISSの船外で生き残り、繁殖できることが証明されている。

 

【ガチ】「火星にはすでに進化した生命が存在」ロシア宇宙飛行士が確信! 地球の生命が既に変異… 逆パンスペルミア!の画像4
「Mysterious Universe」の記事より

 こうしたいくつかの明らかな事実を結びつけたアルテミエフ氏が出した結論は、人間が火星に足を踏み入れたとき、我々が地球から持ち込んだ生物が火星で繁殖しているのを発見するというシナリオだ。火星は地球と環境が大きく異なるため、地球から持ち込まれた生命体はおそらく変異して繁殖しているという。

 彼の“逆パンスペルミア説”への異議としてもっともらしいのは、火星の環境と宇宙旅行は微生物でさえ生き残るには過酷であるという指摘である。しかしNASA、ロスコスモス、その他機関の宇宙プログラムが、特に地球に戻った後の宇宙船の清掃について懸念を抱いていることを考えると、あまり説得力を持つものにはならない。地球外生命体が地球に持ち込まれるリスクが現実的に想定されているからである。

【ガチ】「火星にはすでに進化した生命が存在」ロシア宇宙飛行士が確信! 地球の生命が既に変異… 逆パンスペルミア!の画像5
「Sputnik News」の記事より

 もう1つの質問は、人類が火星で地球の生命の子孫を見つけた場合、彼らは我々に会えてうれしいのかどうかである。彼らは地球に連れ戻してくれと懇願するのだろうか。

 漫画家のウォルト・ケリーのかつての風刺漫画に面白いメッセージが記されている。

「私たちは敵に会いました。そしてその敵は私たちです」

 将来に我々が火星に降り立った時、独自の進化を遂げていた我々の子孫は、はたして人類を好意的に迎え入れてくれるのどうか、そこには何の保証もないようである……。

参考:「Mysterious Universe」、「Sputnik News」、ほか

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.03.19 16:30スピリチュアル

「火星にはすでに進化した生命が存在」ロシア宇宙飛行士が確信! 地球の生命が既に変異… 逆パンスペルミア!のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル