>  > 中国産乾燥キノコの中に、得体の知れぬ“3つの新種”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

きのこ

,

中国産

483956429.jpg

 まさか、スーパーマーケットで“きのこの新種”が発見されるとは…。7月10日に「DailyMail」で掲載された記事によると、ロンドンのスーパーマーケットに陳列されていた乾燥ポルチーニ茸の袋の中に、科学的に新発見となる、学術上認定されていなキノコが3種入っていたことが、DNA鑑定によって明らかになった。しかも、この袋の中に入っていたキノコはすべてこの謎の3種のいずれかだったという珍事。

 そもそもポルチーニ茸は食材として大変人気が高く、世界で最も流通している野生の食用キノコだ。その多くが中国から輸入されているのだが、中には信頼できる検閲を一切受けずに輸入されるケースもあるため、毒性の高いキノコが混入する危険性もあるのだという。今回の3種はポルチーニ茸と似た特性を持つキノコだったため、毒などは含まれていなかったが、中国産キノコに対する不安は高まったといえるだろう。

 記事のコメントでも

「もしその3つのキノコのうちの1つに毒があったら?」
「中国製の食品なんて買わないよ」

 といったコメントがいくつかある。

 しかしその一方で、今回の事件が明らかにしたのは、科学者ですら把握しきれないほどの膨大な数の種類がキノコにはあるということだ。食用としてこんなにも流通しているキノコであるにもかかわらず、その実態は科学的にもあまり知られていないという悲しい現実。しかし、そんな、科学者たちにとってはマイナーな研究対象であるキノコについて、地道に研究してきた科学者たちも存在していた。しかも驚くべきことに、彼らはこう主張しているのである。

「キノコには世界を救う潜在能力がある」

 …と。これは一体どういうことだろうか?

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。