>  >  > 部分的に白人になった黒人女性の苦難

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

尋常性白斑”――別名「シロナマズ」とも呼ばれ、皮膚の色素が抜け落ちてしまう、未だ謎に包まれた部分も多い慢性的な皮膚疾患である。体のいたるところに現れて、徐々に広がっていくこの病気は、皮膚病の中でも完治しにくいと言われている。

 故マイケル・ジャクソンも患っていた“尋常性白斑”。ある日、黒人少女の足に現れた白斑が、いつの間にか全身へと広がり、皮膚だけでなく少女の人生までも変えてしまった。世間からの偏見に悩みながらも、最新UV治療によって笑顔を取り戻すことができたエピソードを英「Daily Mail」が伝えている。


■偏見に苦しむ17年間

uvb1.JPG
Daily Mail」の記事より

 米ロサンゼルス在住のリサ・ジョンソンさん(24歳)は尋常性白斑である。彼女が7歳の時に足に現れた白斑は、体中に広がり続け、今ではリサさんの体の1/3が白斑に侵されている。高校生の時には、その見た目から虐待や陰口など陰湿ないじめにあってきたという。高校生だった彼女は深く傷つき、泣きながら帰宅することも多かったそうだ。しかし彼女の姉が、いつもリサさんをかばい、守ってくれた。リサさんは「私が受けてきたいじめは本当にひどくて、悲しかった。でも私のそばにはいつも誰かがいて、支えてくれた。そのことに今でも感謝しているわ」と語った。

 17年間もの間、リサさんはこの“尋常性白斑”を抱えながら、姉や友人と共に乗り越えてきた。近所を歩くだけでじろじろと見られ、社会からも拒絶されていたリサさん。現在でも公共の場では好奇の視線を集め、時に嘲笑されるという。リサさんの友人は「リサの肌をよく見たいがために、興味本位で挨拶しながら近づいてくる人さえいる」と語っている。


■最新ナローバンドUVB治療

 体に白斑が現れ始めた17年前まで、人並みの幸せな子供時代を過ごしていたリサさん。現在の彼女は、最新の治療法によって当時の笑顔を取り戻しつつあるようだ。

 担当医のパール・グライムス医師は「尋常性白斑は命に別状はないわ。でもリサのこの状態は、生活に壊滅的な影響を与え、肉体や精神面まで蝕んでいると思う」と語った。グライムス医師は、リサさんのために彼女の肌をもう一度着色させる「ナローバンドUVB(紫外線B波)治療」を行っている。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。