セックスで猛烈に痩せる体位ベスト6! 200kcal以上消費、苦痛と快感のコラボ「セックス・ワークアウト」に欧米熱狂!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
セックスで猛烈に痩せる体位ベスト6! 200kcal以上消費、苦痛と快感のコラボ「セックス・ワークアウト」に欧米熱狂! の画像1
画像は「getty images」より引用

 恋愛・SEXエキスパートのトレイシー・コックス氏が、新感覚の気持ちいいフィットネス「セックス・ワークアウト」を推奨、欧米を中心に流行の兆しを見せている。

 英紙「Daily Mail」の記事(7月24日付)で、コックス氏は、セックスをアクティブに行えば70~200kcalのカロリー消費が見込めると力説。エクササイズは体の柔軟性を高め、エネルギーやスタミナを増大するため、定期的に運動している男女はセックスライフをより満喫している傾向にあるが、コックス氏は両者を合体させることを思いついたという。

・「The great sex workout: Tracey Cox reveals the six best positions for burning up to 200 CALORIES (and standing up comes out on top)」(Daily Mail)

 確かにセックスは一種の全身運動と言えるし、苦痛よりもむしろ快感が勝る。ジム通いが三日坊主になってしまう人でも気持ち良ければ長続きするかもしれない。

 コックス氏は、消費カロリーの多い体位を6つ紹介している。

 

1、 駅弁ハンギング 200kcal

セックスで猛烈に痩せる体位ベスト6! 200kcal以上消費、苦痛と快感のコラボ「セックス・ワークアウト」に欧米熱狂! の画像2
画像は「getty images」より引用

 立った状態で行うセックスは確かにカロリー消費が大きそうだ。コックス氏によれば、立位は最もハードなセックス・ワークアウトの1つだという。

 たとえば、男性が女性の両脚を抱えて持ち上げる「駅弁」は、男性の体幹・上腕二頭筋(力こぶ)・大腿四頭筋(太ももの前面)・ハムストリングス(太ももの裏面)・大殿筋(お尻)が稼働される全身運動だ。筋力トレーニングの心得がある人なら、背中の筋肉である広背筋や脊柱起立筋もうまく刺激することができるだろう。

 女性も両脚を完全に男性に預けるのではなく、自分で体勢を維持するよう努めることで太ももを鍛えることができ、男性の首に回している腕の筋肉も刺激することができる。特に、男性の動きに合わせて体を上下させることで、よりカロリーを消費できるとコックス氏は指摘している。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。