宇宙人と肉体関係を結んだ人々の壮絶体験を総まとめ「タコ星人のテク」「この世のものではないオーガズム」

宇宙人と肉体関係を結んだ人々の壮絶体験を総まとめ「タコ星人のテク」「この世のものではないオーガズム」の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 古来、動物や妖怪、聖霊など人外のものと人間が結婚し、子供をもうけたという伝説は多く伝わっている。20世紀後半になり、宇宙人がUFOで地球に来ているという考えが広まると、そうした宇宙人とセックスしたり、子供をもうけたという主張もすぐに現れた。

 1980年代になると、宇宙人によるアブダクションを経験した女性たちが身に覚えのない妊娠をし、時間が経つとその兆候が消えてしまうという事例も数多く報告されるようになった。

 こうした宇宙人の人工授精、あるいは地球人との性交渉については、地球人との間にハイブリッドを生み出すのが目的ともいわれ、今やハイブリッドの子を持つ母親の団体まで組織されている。

 一方科学的見地からすれば、地球とは遠く離れた星で独自の進化を遂げたはずの宇宙人が、地球の生物と同じ化学構造のDNAを持っていることは考えにくい。なにしろ染色体の数が一対違っても正常な受精はできないし、子供ができたとしてもその子供は生殖能力を欠いてしまうのだ。アメリカの天文学者カール・セーガンによれば、そのような宇宙人との混血は、「人間とキャベツの混血に成功したというより現実味がない」らしい。

 科学力において地球のレベルをはるかに凌駕する宇宙人であれば、何らかの遺伝子操作によってこの問題を克服できるという説もあるが、逆にそれだけ遺伝子工学が進歩しているのであれば、ハイブリッドを生み出すのに性交渉に頼る必要はないともいえる。

 現にゼカリヤ・シッチンなどは、太古の昔地球を訪れた宇宙人アヌンナキが遺伝子操作によってわれわれ地球人生み出したと主張しているし、フランスのクロード・ボリロンが出会ったエロヒムは、人工的に地球人と同じ生命体を生み出すことができた。ボリロンはエロヒムが作り出したブルネット、ブロンド、赤毛の髪の毛を持つ3人の白人女性、黒人と中国人、オリエント風の美女計6人を相手に7Pプレイを堪能したという。

 だとすれば、宇宙人が地球人との性交を行う背後には、肉の衣をまとって人間の娘との情事に溺れた堕天使のように、何らかの邪な目的があるのではないかとも想像される。ともあれ、経験者の証言から、宇宙人とのセックスがどんなものか検証してみよう。

 宇宙人男性との性交渉、そしてその子の出産を最初に公表したのは、南アフリカのエリザベス・クラーラーである。

 彼女が運命の男性エイコンと最初に出遭ったのは、1954年のことであった。そして1956年4月、クラーラーはエイコンと一緒にUFOに乗り、彼の故郷であるメトンという星で肉体関係を持った。彼女はすでに結婚して子供もいたのだから、宇宙レベルでの不倫事件ということになる。

 エイコンとのセックスは、彼女にとてつもない快楽をもたらしたようで「私は彼の性行為の魔力・エクスタシーに溺れてしまった」と赤裸々に述べている。どうやらエイコンはかなりのテクニシャンらしい。このときクラーラーは46才。すでに結婚して子供もいたのだが、女の歓びを初めて知ったということだろうか。

宇宙人と肉体関係を結んだ人々の壮絶体験を総まとめ「タコ星人のテク」「この世のものではないオーガズム」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで