【未解決事件】謎の死&失踪を遂げた世界のUFO研究家7人! 不自然な交通事故、フリーエネルギー発明直後、墜落現場で…

■ガウラブ・ティワリ(印)

 3年前の2016年7月、2人のUFO研究家が謎の死を遂げた。

 1人目は、インドのガウラブ・ティワリである。

【未解決事件】謎の死&失踪を遂げた世界のUFO研究家7人! 不自然な交通事故、フリーエネルギー発明直後、墜落現場で…の画像1
画像は、「INDIA TV」より引用

 ティワリは、インドを代表する超常現象研究家として知られ、自ら「インド超常現象研究会」という研究機関を設立、多くのテレビ番組にも出演していた。そのティワリが、7月7日、自宅の浴室で死体となって発見された。浴室には内側から鍵がかけられており、警察は自殺と判断した。

 しかし、彼はその年の2月に結婚したばかりだったし、彼が出演する新番組の撮影が7月15日から始まる予定であった。つまり、ティワリの生活は公私ともに好調であり、自殺する理由は何もなかったのだ。そこで彼の死については謀略説もささやかれている。


■マックス・スピアーズ(英)

 ティワリの死と同月の16日、イギリスのUFO研究家マックス・スピアーズが、滞在先のポーランドで死亡している。

【未解決事件】謎の死&失踪を遂げた世界のUFO研究家7人! 不自然な交通事故、フリーエネルギー発明直後、墜落現場で…の画像2
画像は「EXPRESS」より引用

 スピアーズは陰謀論についての研究で知られており、ポーランドで開催される会議に出席するためワルシャワに滞在していたのだ。彼の死は薬品の使用と急性肺炎と結論されたが、スピアーズは死の直前母親に電話し、「自分に何かあったら調査してくれ」と述べており、やはり何者かに殺害されたのではないかという陰謀論が渦巻いている。

 研究家が謎の死を遂げたり、突然失踪したりする事件は、UFO事件史上何件も報告されている。続けて、他にも代表的な例をいくつか紹介しよう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ