原発の近くで”超激ヤバUFO”が撮影される! マジでやばい、元海兵隊が激写、複数飛行、強烈な発光…異次元への扉か!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
画像は「Daily Star」より引用

 

 原子力発電所に巨大UFOが出現していたことが明らかになった。

 英紙「Daily Star」(4月15日付)によると、今年3月24日、米ウィスコンシン州のポイントビーチ原子力発電所上空に煌々と輝く巨大な光が出現したという。目撃者の元海兵隊員であるマイルズ・パノシュさんは、その姿を記録に収めるため、友人の映像作家を呼び出し撮影したそうだ。

 映像には複数のオレンジ色の発光体が映っている。星のようにも見えるが、どれも同じ色をしており、通常の星よりもかなり大きい。驚くべきはその後だ。発光体の一つが一際大きく輝き出し、まるで地獄の門が開いたかのような光景を見せるのだ。

「これは地球上のものではありません。星でも小惑星でもありません。間違いなくUFOです」(マイルズさん)

 動画を視聴したYouTubeユーザーからも多くのコメントが寄せられている。

「素晴らしい映像だ」

「プロジェクト・ブルービームじゃないか?」

「子どもの頃、近所に住んでいたけど、赤・緑・青・黄に輝くものが家の上空を飛んでいたことがある。めちゃくちゃでかくて、ニュースにもなった」

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。