>  >  > 闇市で取引される「臓器の価格リスト」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

佐藤Kay

,

博物館

,

市場

,

移植

,

臓器

,

 日本では、「臓器移植法」によって、脳死後の心臓、肺、肝臓、腎臓、膵臓、小腸などの提供は本人の承諾がなくても家族の了承を得れば提供することが可能になった。もちろん、営利目的での臓器あっせんは禁止されており、臓器移植が人びとの善意で成り立っている健全な社会だといえるだろう。だが海外では、貧困が原因で、少しの金と引き換えに自分の身内の臓器を闇市場に売りとばすことも少なくない。特に、中国は世界の臓器売買闇市場の中心となっており、たびたび問題視されている。では、我々の臓器は一体いくらくらいなのだろうか? 


■ベルリンに人体標本の博物館がオープン

bodypartsprice1.JPG
ドイツ・ベルリンにオープンした“死の博士”博物館 画像は「YouTube」より

 さてその前に、以前トカナでも紹介した「死の博士」の異名をもつ解剖学者グンター・フォン・ハーゲンス氏が、今年2月にベルリンで開催した「人体標本の博物館」について紹介しよう。館内には、彼が開発した遺体保存技術「プラスティネーション」を用いて製作された20体の人体標本が展示されており、それらのほとんどは献体によるものとされている。しかし、中には博士が買い取った身体パーツも含まれているというのがもっぱらの噂だ。ヘルスサイエンス情報サイト「Medical Daily」によれば、博士は人間の頭部に1,500ドル(約18万円)、喫煙者の肺(1対)に3,600ドル(約43万円)、また片手に185ドル(約2万円)を支払ったと伝えられている。

 博士自身は「自分が死んだら標本展示してもらい、博物館にくるお客を喜ばせたい」と、黒い噂に対してまったく意に介さない姿勢を貫いているようだが……。ちなみに、『バカの壁』で知られる解剖学者・養老孟司氏と親しいそうだ。

bodypartsprice2.JPG
“死の博士”博物館の展示 画像は「YouTube」より


■人体各部の闇市場プライスリスト

bodypartsprice3.JPG
Medical Daily」の記事より

 それではお待ちかね。以下は、「Medical Daily」に掲載された、闇市場での臓器および人体パーツの「プライスリスト」である。

●心臓:7,862万円
●頭蓋骨:92万円
●肺(1対):3,811万円
●喫煙者の肺:43万円
●腎臓:1,942万円
●肝臓:1,924万円
●角膜:277万円
●骨・靭帯:66万円
●血液:4万円(1パイントあたり)
●皮膚:7,161円(1平方センチメートルあたり)
※(1ポンド=185円で計算)

 それにしても、喫煙者の肺が安いのには驚きだ。きれいな肺の約90分の1の値段である。また、人体から抽出される微量な金(ゴールド/約0.2㎎)を4万人集めると、イギリスのソブリン金貨が1個できあがる計算となる。かなりシュールなトリビアだが、興味深い。

(文=佐藤Kay)

「'Doctor Death' opens museum of preserved bodies in Berlin」 動画は「YouTube」より

参考:「Medical Daily」、「Body Worlds」ほか

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。