>  >  > なぜプールで目が赤くなる? 戦慄の真相!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

プール

,

健康

,

塩素

,

尿

,

水泳

SwimmingPool.jpg

 もうすぐ夏本番。子どもたちのみならず、大人もプールに入る機会が格段に増える季節だ。ところで、泳いだあとで目が真っ赤になったという経験はないだろうか。多くの人は、この目が赤くなる現象について、プールの水を消毒するための「塩素」が原因だと考えている。しかし今、アメリカの専門家たちが、それは間違いであり原因は別にあると訴えているのだ。では、一体何が私たちの目を赤くしているのか? ショッキングな事実をお伝えしよう。

 今月24日付の英紙「The Daily Mail」によると、驚愕の事実を暴露しているのは、「アメリカ疾病予防管理センター(CDC)」や「ナショナルスイミングプール財団(NSPF)」、水質と健康に関する評議会などに所属する複数の専門家たち。彼らが明かした、プールの水で目が赤くなる本当の原因とは、なんと“おしっこ”なのだという。

 プールの塩素が、人間の尿・汗・埃の中にある窒素を含む物質と結合すると、人間の目・皮膚・呼吸器を刺激する化合物が生じてしまう。この化合物こそ、人間の目を赤くする犯人だったというわけだ。人によっては、目が赤くなるばかりか、鼻水や咳が止まらなくなることさえあるのだとか。

 さらに、多くの人が“塩素臭い”と表現する独特のニオイも、実は塩素そのもののニオイではなく、この化合物のニオイだったようだ。こうなってしまうと、水に含まれる塩素の量も減ってしまうため、通常より多くの塩素をプールに投入する必要さえ出てくるらしい。NSPFのCEOは次のように語り、人々がプールで密かに“おしっこ”を垂れ流している現実に危機感を表明する。

スイマーの目の色は、どのくらいの人がプールでおしっこをしているか知るための指標となるものなのです」

 では、このような現実を変えるためには、何が求められているのか。CDCのミシェル・フラフサ氏は、人々の意識変革の重要性を説いている。

関連キーワード

尿

コメント

2:匿名2015年12月17日 12:42 | 返信

要はクロロアミンだろ

1:匿名2015年6月26日 11:53 | 返信

海水浴や自宅での入浴でも日常的に目が赤くなる私としては信じられないですね。
身内もそうなので、単に体質的なものかもしれませんが、
塩素系漂白剤にはプールの匂いがするものもありますし、何だか嘘臭い記事だと感じてしまいました。
ただ、尿と塩素の化学反応が意外と危険らしいということは、以前にも何かで読んだ覚えがあるので、用を足すならトイレでお願いしたいですね。ほんとうに。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。