>  > 警察に届けられた珍しい落とし物ベスト10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

コインロッカー

,

平田宏利

,

落とし物

otoshi.jpg
画像は「落とし物検索:警視庁」より

 先月31日、東京駅のコインロッカーに放置されていたスーツケースの中から高齢女性の遺体が発見された。遺体は保管期間が過ぎたため、管理会社が中身を確認したことで事件は発覚。現在、司法解剖して死因などを調べるとともに、身元の確認が進められており、一刻も早い全容解明が求められる。

 一般的にコインロッカーの利用期間は数時間から長くても3日程度。利用期間の過ぎたロッカーは、管理会社によって開けられ、収納されていた荷物は別倉庫などに移される。そこでの保管期間は1カ月程度だという。その期間が過ぎると処分されることが多く、基本的には警察に届けられないのだが、広い意味では落とし物と呼んでいいそうだ。

 一方で、路上、店内、電車内などのあらゆる場所で生じた落とし物は警察に届けられる。警視庁のまとめによれば、14年には全体で約356万件に上る。内訳は衣類約56万点、傘が約40万点、運転免許証、クレジットカードなどの証明書類カードは約34万点、IC乗車券などの有価証券類は約31万点である。

 大量に届けられる落とし物だが、中には珍しい物もあると、ネットウォッチャーは語る。

「各都道府県の警察ホームページで落とし物情報は公開されています。検索の利便性を高めるため、細かいジャンル分けがなされているのですが、かばんや財布といったベタなものから、お弁当などの食品や犬猫などの動物といったレアな落とし物もあるんですよ」(ネットウォッチャー)

 ここではネットウォッチャーが厳選した、ユニークな落とし物を紹介する。

ベスト10 手袋

 路上の風物詩ともいえる手袋も、届出がなされれば立派な落とし物に。こちらも、ご丁寧に、手袋(片手)と、手袋(両手)に分けられて保管されている。

ベスト9 めがね・コンタクトレンズ

 めがねの落とし物はいかにも多そうだが、コンタクトレンズまで届けられているとは驚きだ。最近は使い捨てタイプのコンタクトレンズも多いため、警察に届けられても、取りに行く人は少なそうだ……。

ベスト8 馬券・宝くじ

 宝くじのほか、競馬の馬券、競輪の車券、競艇の舟券まで届けられている。ハズレ券であっても、届出があれば保管されるのだろう。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。