>  > “幸福の国”が薬物汚染でハイ(灰)になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
「麻薬王国」に変貌した“幸福の国”ブータン! 危険すぎる粗悪ドラッグ横行か?

 北は中国、東西南はインドと国境を接する“幸福の国”ブータン。人口75万人ほどの小さな同国で現在、薬物事犯の逮捕者が2年前の倍に上るほど急増、薬物汚染が深刻な問題となっている。覚せい剤使用者、所持者には重罪が科せられる同国だが、日本からはその刑期を疑問視する声が多数上がっている。  2011年に来日したワンチュク国王が「イケメンすぎる」と話題になったことが記憶にも新しいブータン。同国はGDP...

人気連載

“せむし男表現”をめぐる日本と欧米の温度差 ― 絶滅した「せむし男映画」の世界【後編】

※イメージ画像:『ヘルショック 戦慄の蘇生実験 デジタル・リ...

なぜ、せむし男は消えたのか? ― 絶滅した『せむし男映画』の世界【前編】

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...