>  >  > 人間の手は、他人を殴るために進化した

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

パンチ

,

,

暴力

,

猿人

,

研究

,

進化

,

類人猿

 私たちは、地球上に生息するどの動物よりも器用な手を持っている。人間に近い類人猿と比べても、親指が他の指と比べて相対的に長く、手のひらも短いため、指先どうしをくっつけることでモノをしっかりと掴める。この便利な手と知性によって道具を扱えるようになり、文明の創造や科学技術の発展が成し遂げられた。つまり、私たちの手とは、道具を器用に扱えるように進化してきたもの――というのが、これまでの常識だった。

 しかし最新の研究によって、人間の手の進化には、知られざるもうひとつの背景があったことが判明したようだ。道具のほかに、一体何が私たちの手を現在の形に変えたのか? 早速、詳細についてお伝えしよう。

fist.jpg
画像は「THE UNIVERSITY OF UTAH」より引用


■死者の腕を使ったヤバすぎる実験で……!!

 今月21日、オンライン学術誌『Journal of Experimental Biology』上で“手の進化”に関する画期的研究成果を発表したのは、米・ユタ大学で生物学の教壇に立つデビッド・キャリア教授率いるグループだ。今回の研究でキャリア教授が検証を試みたこと、それは「私たちの手が、道具を器用に扱うためだけではなく、より強力なパンチを繰り出すために進化してきた」という生物学者たちの間でも意見が割れる仮説だった。

 そこでキャリア教授が構想したのは、常人には思いつかないほどホラーな実験だ。なんと教授は、死んだ男性9人から腕を入手し、それぞれを(親指が人差し指と中指に重なる)固く握った拳、(親指が外側を向いた)緩く握った拳、そして平手の状態にしてから、衝撃力を測定することができる特製装置に打ちつけたのだ。ラボでは、死者の腕を振り子のように用いてパンチやビンタを数百回繰り出す実験が、日夜続けられたという。

fist_2.jpg
画像は「THE UNIVERSITY OF UTAH」より引用

 そして得られたデータは、意外なほど明確な結論を導き出した。固く握った拳は、緩く握った拳よりも55%強力なパンチを繰り出し、かつビンタ(平手)の2倍の威力を発揮することが判明したのだ。しかも固く握られた拳は、手の骨が砕けたり傷つく確率も低かった。


■拳を固く握れるようになった理由とは?

 さて、前述の実験結果が示す真実について、研究チームは次のように解説する。

fist_4.jpg
画像は「THE UNIVERSITY OF UTAH」より引用

「固く握った拳が、打撃の威力を高め、かつ打撃中の負担レベルも軽減させます。これはまさに、私たちの手の進化が、ただ道具を使うためではなく、他者と闘うためのものでもあったことを示しているのです」

 つまり、親指が他の指と比べて相対的に長く、手のひらも短い人間の手は、拳を固く握り、相手により深いダメージを与えるための形状でもあったというわけだ。では、なぜ人間は他者と闘う手が必要だったのか? この疑問について教授は、

「恐らく、子孫を残すにあたり、女性をめぐる男同士のライバル争いに勝利するためだったのだろう」

と述べている。類人猿(チンパンジーやオランウータンなど)の繁殖システムにおいて、メスを巡る殴り合いの争いはよく見られるのだという。

人気連載

なぜ、せむし男は消えたのか? ― 絶滅した『せむし男映画』の世界【前編】

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

奇習!理不尽な暴行を受けて晒し者に…富山県に存在した女生徒虐めの驚愕実態

【日本奇習紀行シリーズ】 富山県・某地方 ※イメージ画像:T...

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。