>  > 小人症、アルビノ… ハンデを乗り越え活躍する5人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 健常者と比べてハンディキャップがあると、やはり塞ぎこんでしまいがちになるものだろうか。「どうせ、私なんか…」とネガティブになってしまうとしても、その思いを推し量ることは容易ではない。しかし一方で世界には、そんなハンデをものともせずに活躍している人が多くいる。


●ケニー・ベイカー(81)

 ファン待望の10年ぶりの新作により、熱い盛り上がりを見せている『スター・ウォーズ』。様々な登場キャラクターの中でも、丸いボディで動く姿が世界中から愛されているのが“R2-D2”。実はこのロボットを演じていたのが、ケニー・ベイカー。彼は小人症で、身長は112cm。ちなみに……映画で唯一無二の相棒C-3POを演じていたアンソニー・ダニエルズとは、撮影中めちゃくちゃ仲が悪かったもよう。でも、お互いあの格好で喧嘩していたなら、映画そのもので違和感ないかも……。なお、彼と妻はともに小人症だが、彼らの2人の息子は小人症ではないそうだ。

1512_handicap_01.jpg
画像は、「Wikipedia」より


●ピーター・メイヒュー(71)

『スター・ウォーズ』シリーズ第2弾! 筆者がこの映画で一番大好きなキャラクターが、毛むくじゃらの巨人・ウーキー族のチューバッカ。体長は約230cmだが、この巨人を普通に演じたのがピーター・メイヒュー。彼は巨人症であり、身長が220cmあるそうだ。監督のジョージ・ルーカスが、一目見ただけで起用を決定したほど。既に71歳となるピーターだが、最新作にも出演することが発表されている。

1512_handicap_02.jpg
画像は、「Wikipedia」より
動画は、「YouTube」より

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。