>  > 10歳少年が平然と頭を撃ち抜く「イスラム国」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

※衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

 荒涼とした砂漠の遺跡を、ゆっくりと舐めるようにカメラが進む――。おそらく、ドローンからの映像だろう。すると突然、沈黙した少年の一団が映しだされたかと思うと、その中のひとりが右の人差し指を天に突き立て、勢いよくしゃべりだす。アラビア語でなにか宣誓しているように見える。そして、すべて言い終わると全速力で駆け出した。彼が向かう先に待ち受けているものとは――。

■スパイを平然と銃殺するIS少年戦闘員

「イスラム国少年兵によるスパイ容疑者の処刑」と題された動画は、あまりにショッキングすぎて、現実から乖離しているように感じられる。だが、ここに登場するのは、俳優でも子役でもない。今、中東で起きているリアルなのだ。

「ISIS Child Soldiers Execute Alleged Spies」 動画は「YouTube」より

 本来ならサッカーでもして遊んでいそうな10歳くらいの少年が、ジハーディストからピストルを受け取る。この少年にとっては、ピストルがおもちゃ代わりなのかもしれない。そして、スパイ容疑の男を撃ちぬくと、今度は年上の少年へとバトンタッチ。バトンとなった銃を渡された少年はマスクを被り、次なる処刑者のもとへと疾走する。銃を構える姿も年かさの分だけ様になっている。

 情報サイト「Heavy」の記事で紹介されている動画では3人の少年兵が、彼らの目の前に3人の捕虜を目隠したままひざまずかせている。視聴者は、これから何が始まるかおおよそ察しがつくはずだ。目隠を外された男たちは、長いこと暗闇にいたため目がよく見えていない。だが、光に目が慣れるか慣れないかのうちに脳天に銃弾を打ち込まれてしまう。しかも、両側の2人が同時に射殺され、真ん中の男だけ数秒遅れて(まるで恐怖心をあおるかのように)、引き金を引かれたのだ。彼の身体は一瞬仰け反り、そのまま息絶えた。明らかに、少年たちには残忍性が刷り込まれ、「自分たちのしていることは正しい」と洗脳されているのが見て取れる。

関連キーワード

ISIL
ISIS

コメント

1:匿名2016年1月 3日 02:39 | 返信

かわいそうだけど、小さい時から人を殺す技術、精神面の慣れを仕込まれる国の人に対しては、申し訳ないが信用出来ない。それを受け入れてきたフランスの惨事は日本では起きてほしくない。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。