• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

王城つぐ

,

紅白歌合戦

0115kouhaku_main.jpg
※イメージ画像:『紅白歌合戦の舞台裏 誰もが知りたい紅白の謎と歴史』(全音楽譜出版社)

 2015年度末に放送された『第66回NHK紅白歌合戦』の視聴率が、二部制になって以降史上最低の39.2%となった。視聴者の“紅白離れ”が進んだ形だ。

『NHK紅白歌合戦』の第1回放送は1951(昭和26)年。この年、日本は第二次大戦後から続いていたGHQの進駐が終わり、日本は独立国となった。戦後日本の始まりとともに、紅白はスタートしたのだ。

 紅白の歴代最高視聴率は、1963(昭和38)年に記録された、81.4%である。この年、北島三郎が初出場を果たしている。

 当時は、東京オリンピックを翌年にひかえ、家庭へのテレビ普及が進みつつあった時代だ。テレビを持つほとんどの家庭が紅白を観ていたことになる。その後の紅白の視聴率は、1980年代初頭まで70%近くをキープする“オバケ番組”であった。

 そして、1989年に1月7日に昭和天皇が崩御し、時代は昭和から平成へと移り変わっている。この年から二部制が導入される。これは長時間番組において、平均視聴率の低下をごまかすための措置と見ることもできるだろう。奇しくも、紅白の二部制のスタートと、平成の始まりはリンクしていることになる。

 現在、紅白歌合戦は日本国内だけでなく、NHKの国際放送に乗せて世界中で流されている。だが、かつてはオンタイムでの放送は行われておらず、生放送をフィルムに記録したものが流通していた。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。