• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 世界各地で出所が不明の“ハミング”が鳴り響いているという。いったい何が起っているというのだろうか――。


■聴こえるのは住民の2%だけという謎のハミング音

“ハミング”は世界中のいくつかの場所で報告されている。情報サイト「Disclose.tv」や「Live Science」などの記事によれば、この音は、英サウス・ウェスト・イングランドでは「ブリストル・ハム」と呼ばれ、また米ニューメキシコ州では「タオス・ハム」、同じくインディアナ州コーコモーでは「コーコモー・ハム」と名付けられて地元の人々の認知度も高いようだ。またカナダ・オンタリオ州ウィンザーでも「ウィンザー・ハム」が報告されている。そしてこれらの“ハミング”を総称して「ザ・ハム(The Hum)」と呼称されているのだ。

 報告されている地域は多いものの、それぞれの報告数は少ない。それというのも、2003年にイギリスの研究で、これらの「ザ・ハム」は各地域住民の約2%の人々にしか聴こえない現象であることが突き止められているのだ。

「タオス・ハム」の音 「YouTube」より

 たいていの場合、室内にいる時に聴こえてきて、また、昼より夜のほうが良く聴こえてくるということだ。当然のことではあるが、喧騒に包まれた都市部よりも静かな地域のほうがより鮮明に聴こえてくるという。さらに興味深いことに、「ザ・ハム」が知覚できる2%の人々のほとんどは55歳から70歳までの中高年であるという。そして時折聴こえる人もいれば、ほぼ一日中この音に苛まれている人もいて、その音量も人それぞれだというのである。音色のほうは“遠くの雷”や“ディーゼルエンジン”の音に近いという。

 したがって一日中、大音量で聴こえる人にとっては深刻な慢性疾患と同等の災いであり、頭痛や吐き気、めまい、鼻血、睡眠障害などの変調をきたす人も多く、この音が原因で自殺を図った人の例も報告されているということだ。健康被害をもたらしていることは明白なこの音だが、どんな原因が考えられるのだろうか?

 「ザ・ハム」を説明する有力な仮説は以下の4つである。

関連キーワード

コメント

3:匿名2016年2月15日 00:44 | 返信

地面と上空の温度差で深夜は遠くの音が聞こえやすくなる。
それに音の指向性のイタズラも加わって一部の住人にしか
届かないという奇妙な結果になってるんだろう。

2:やよ2016年2月11日 02:37 | 返信

キーンっていう高い音が聴こえる…。
耳鳴りに近い音かな。
1日中この高い音が聴こえるのは嫌だわ。

1:とのじ2016年2月10日 14:38 | 返信

広瀬正さんの「ツィス」というSFを思い出しました。
1人が異音が聞こえると言い出して、次々と同調者が増える。
最後は東京から全員が疎開する事態になるが、実は…

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。