>  >  > ナミビアの海岸で今世紀最大の宝船発見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

フッガー家

,

中世

,

佐藤Kay

,

財宝

,

難破船

 沈没した船から金銀財宝がザックザク――。アドベンチャー映画ではおなじみのシーンだが、そんな夢のような出来事が現実に起こり、しかも史上最大級の発見として現在進行中なのだ。


■ダイヤモンド採掘場で難破船のお宝が見つかる

namibiasshipwreck1.JPG
FOX News」の記事より

 アメリカの「FOX News」電子版(6月7日付)は、アフリカ南部のナミビアにあるダイヤモンド採掘場で、今世紀最大の発見があったと伝えている。

 これは2008年4月、ダイヤモンド販売世界最大手のデビアス社が所有する採掘場で、地質調査員が“奇妙なモノ”を発見したことに始まる。それは完全な半円形をした塊で、よく見ると銅製のインゴット(のべ棒)のように見えた。

 翌日、調査員はデビアス社のお抱え学者である「南アフリカ海洋考古学研究所」のディーター・ノーリ博士宛にメールで問い合わせた。インゴットのほかに一緒に見つかった金属片、木片、銅かブロンズでできたパイプの画像も添付した。すると博士はパイプを目にするなり、それが一体なんなのか見ぬいたという。16世紀の船舶に搭載されていた大砲の破片に違いなかった

namibiasshipwreck4.jpg
News.com.au」の記事より

 その後の調査で、インゴットに刻まれた紋章はルネサンス期ヨーロッパの大富豪フッガー家のものであることが判明。これらの品々を検証した結果、1533年にポルトガルからインドへ向けて出航し、そのまま消息不明となったポルトガルの貿易船「ボン・ジェズス号」から流出した積み荷なのではという推論に行き着いた。

 採掘場で難破船の遺物が見つかるや、デビアス社は現場周辺の操業を中断、発掘作業をノーリ博士率いる調査チームに一任した。

namibiasshipwreck5.jpg
News.com.au」の記事より

 ボン・ジェズス号がこれまで発見されなかった理由としては、海洋底のさらに深層に埋まっていたこともあるが、大西洋からの強風に阻まれ、人が容易に近づくことができなかったことも影響していたため、チームはまず、荒波をせき止める巨大防波堤の建設にとりかかった。その後、内側にできた人工礁湖から海水を汲み出すことで、干上がった海底から16世紀の沈没船を出現させたのだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。