>  > 平成生まれの死刑囚と面会、衝撃の告白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

――人を殺した人と会う。「死刑囚の実像」に迫るシリーズ【14】

 2010年2月に宮城県石巻市で起きた3人殺傷事件で、殺人罪などに問われた千葉祐太郎(25)は今年6月、最高裁に上告を棄却され、確定死刑囚となった。平成3年生まれで、犯行時は18歳7カ月。新聞やテレビでは、裁判員裁判で初めて出た少年事件の死刑判決が確定したとして大きく報道されたが、実は裁判では、事実関係に大きな争いがあった――。


■意外な言葉

「俺自身も事件のことはよくわからないんですよ」

 2014年の夏、仙台拘置支所の面会室。この日初めて面会に訪ねた筆者に対し、祐太郎は意外な言葉を口にした。

【事件概要】

 事件発生はこの4年半ほど前に遡る。2010年2月10日早朝、後輩の少年(当時17)を引き連れ、石巻市にある交際相手の女性A子さん(同17)の家に上がり込んだ祐太郎は、家にいたA子さんの姉(同20)やA子さんの友人女性(同18)を持参した牛刀で刺殺。さらにA子さんの姉の知人男性(同20)に対しても胸を刺して重傷を負わせた。そしてA子さんを車で連れ去ったが、約6時間後、あえなく警察に捕まったのだった。

 裁判の認定によると、祐太郎とA子さんはそれ以前、一緒に暮らした時期があり、2人の間には生後4カ月の娘もいたが、A子さんは祐太郎から激しい暴力を受けており、別れを決意して実家に戻っていた。そこで祐太郎はA子さんを連れ戻すべく、交際に反対するA子さんの姉らを殺害したとされていた。

re-ishinomaki.jpg
画像は、千葉祐太郎「YouTube」より

 筆者が初めて面会に訪ねたのは、すでに第一審の裁判員裁判と控訴審が終わり、残すは最高裁のみになっていた時期だった。

 社会の注目を集めた事件を取材してみると、先行報道や裁判の結果から抱いたイメージが覆されることは少なくない。祐太郎の場合も会ってみると、事前にインターネットで見た写真より顔つきが穏やかになっており、背も思ったより低かった。それにしても、あれほどの大事件を起こしながら、「俺自身も事件のことはよくわからない」とは、一体・・・。

 戸惑う筆者に対し、祐太郎はこう言った。



「俺、事件の時の記憶が無いんです」


コメント

8:匿名2017年8月31日 22:21 | 返信

発言がもう、臭い(笑)

殺処分でいいです、そこだけの記憶がないなんて有り得ない。じゃあBに擦り付けようとしてたとか、そういう部分は覚えてるんですかねぇ…?

7:匿名2017年8月22日 15:56 | 返信

test

6:匿名2017年6月28日 07:30 | 返信

記憶に無いからと言えば
無罪になるとお思いですか?
記者もおバカさんのようですよ

5:匿名2017年3月12日 16:44 | 返信

「記憶にございません」
ですか。殺処分で十分でしょう。

4:匿名2016年12月12日 00:22 | 返信

虐待は繰り返すなんて言われてますが、それは単なる思い込み。
自分も暴力受けてましたよ。母親に。
でも、我が子には暴力振るうことないです。
お仕置きで一度叩いて、子供に隠れて泣いてしまうほど逆に辛かった。

だから、自分が被害者だから繰り返すなんて思い込みな綺麗事言う段階でクズだと思うよ。
人は学習する。嫌な事は他人にもしない。思いやりあう。だから社会になる。
出来ないものは居なくても良い。
さようなら人殺し

3:匿名2016年11月15日 13:22 | 返信

女子高生コンクリ殺人の神作譲しかり、
名古屋アベック殺人の近藤裕之、雪丸リエ、筒井ヨシエしかり、のうのうと被害者の分まで幸せに生きる。

2:匿名2016年11月14日 16:33 | 返信

ストーカーは自覚が有って被害者が警察に被害訴えても続けてたんだろ?
それで殺害行動だけ記憶がない?あり得ないだろ
さっさと死刑にすべきだ
被害者が気の毒

1:匿名2016年11月14日 06:40 | 返信

言い訳じみた男だなぁ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。